本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の産業・観光・交流の中のまちづくりから文化交流拠点施設(新市立図書館等複合施設)の愛称について

文化交流拠点施設(新市立図書館等複合施設)の愛称について

更新日: 2017年2月20日
連絡先
中央地区整備事業対策室電話番号: 076-227-6012 central_nonoichi@city.nonoichi.lg.jp


施設名称及び愛称が「学びの杜ののいち カレード」に決定    


平成29年11月に開館を予定しています「新市立図書館」「市民学習センター」「憩いのひろば」から構成される文化交流拠点施設の愛称について、平成28年12月1日から平成29年1月6日まで石川県内の皆様から募集をしました。
併せて、野々市中央地区整備事業の施設整備・運営・維持管理の事業を実施するPFI事業の受託事業者からも愛称を募集しました。
応募作品は、199点に及び、その中から施設イメージを表現したわかりやすく、親しみやすい愛称を選考しました。


愛称(最優秀賞)
応募作品カレード(Kaleido)
応募者野々市中央まちづくり株式会社
コンセプト・説明【コンセプト】
本と出会い、人と出会い、市民が光り輝き、まちが美しくにぎわう
【説明】
語源は、「kaleidoscope」(万華鏡)の冒頭の「kaleido」ギリシャ語の「kalós」(美しい)+「eîdos」(形)。
野々市市の図書館は万華鏡のようにいつもその様相を変える。しかも、いつも美しい。
その様相を創り出すのは、多彩な内容をもったたくさんの本であり、それぞれに個性をもつ市民である。
本と人、人と人が交わり合って、市民が光り輝き、野々市市が美しくにぎわう。

「カレード」という愛称は、本来の意味の「美しい形」の造語として普及した言葉であって、未来への豊かな変化・成長・可能性を秘めており、この施設において、市民が万華鏡のように生き生きと多様な輝きを放つ様子が表現されていることが愛称選考委員会において評価されました。


優秀賞
作品・応募者ポラリス 宮﨑幹子さん(野々市市在住)
作品・応募者polaris(ポラリス) 中野有珠さん(白山市在住)
作品・応募者ピュア・カメリア 餅井恵子さん(白山市在住)
作品・応募者モア(more) 小柳久代さん(野々市市在住)


愛称の決定と併せて、これまで「文化交流拠点施設」と仮称として定めていた新たな複合施設としての名称については、愛称選考委員会からの意見も伺いまして、「学びの杜ののいち」とします。
施設の基本理念である「市民の学びと文化・芸術・創造、情報発信、市民協働におけるシンボル」のコンセプトを取り入れ、新施設での活動の内容をシンプルに表現したものです。
施設名称及び愛称については、「学びの杜ののいち カレード」とします。







愛称募集 終了のお知らせ    

平成28年12月1日より募集しておりました「文化交流拠点施設」の愛称につきましては、
平成29年1月6日をもって終了いたしました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

結果については、このページのほか広報野々市でもお知らせしますので、今しばらくお待ちください。



文化交流拠点施設の愛称を募集します!【募集終了】     

野々市市では、新たな市立図書館、市民が文化・芸術に親しむ市民学習センターおよび憩いの広場から構成される「文化交流拠点施設」の整備を進めています。

平成29年11月に開館を予定するこの施設について、多くの方々に親しまれるような愛称を検討しており、この施設を利用し、活躍する多くの皆様からのアイデアを募集します。


愛称募集要項


(1)募集期間
  平成28年12月1日から平成29年1月6日まで ※必着(郵送の場合は消印有効)

(2)応募資格
  石川県内に在住、在勤、在学の方で、1人3点までとします。

(3)作品内容
・本施設の特徴やコンセプトがイメージできるもの
・覚えやすく親しみやすいもの
・ご自身が創作した未発表のもの
・他の著作物等を使ったり真似たりしていないもの

(4)応募方法
・はがき、ファックス、Eメール又は応募用紙で下記の応募先へお送りいただくか、
 下記の窓口まで持参ください。
・応募にあたっては、愛称(ふりがな)、愛称の説明(理由、意味、想いなど)、氏名(ふりが
 な)、郵便番号、住所、年齢、性別、連絡先(電話番号)、勤務先・学校名(※県外にお住ま
 いの方のみ)を明記してください。
<応募先>
〒921-8510 野々市市三納一丁目1番地 野々市市 中央地区整備事業対策室宛て
 電話:076-227-6012 ファックス:076-227-6258 
 Eメール:central_nonoichi@city.nonoichi.lg.jp
<持参される場合>
野々市市役所(平日8時30分から17時15分)1階総合案内・3階中央地区整備事業対策室
野々市市立図書館(開館時間内)〔野々市市本町二丁目14-6〕

(5)選考方法
・応募作品に事業者(野々市中央まちづくり株式会社)提案作品を加え、選考委員会で審査のうえ、採用作品を決定します。

(6)賞
・応募作品の中から、下記の賞を決定します。なお、受賞作品が重複した場合は、抽選により受賞者を決定します。
 最優秀賞(採用作品) 1点 :賞金3万円、優秀賞 3点 :賞金1万円
・受賞作品とともに、受賞者についても市ホームページや広報野々市等で公表を予定します。

(7)その他
・採用作品に関する著作権などの一切の権利は、野々市市に帰属するものとします。
・応募作品について、著作権等に関する問題が生じた場合は、全て応募者の責任となります。
・応募作品は返却しません。また、応募に係る費用は応募者の負担とします。
・応募に関する個人情報は、本愛称選定に関わる事務以外には使用しません。

愛称募集のチラシはこちら (1,222kbyte)pdf

愛称募集要項および応募用紙はこちら (662kbyte)pdf

施設の概要はこちら (4,660kbyte)pdf


関連情報
 文化交流拠点施設(新市立図書館等複合施設)整備について
このページを印刷
 
ジャンル教育・文化・スポーツ
├教育委員会
├学校教育
│├小中学校
│└施設整備
├図書館
├生涯学習
│├生涯学習施設
│├サークル案内
│└イベント・教室
├文化・文化財
│├文化振興
│└文化財
└スポーツ
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の産業・観光・交流の中のまちづくりから文化交流拠点施設(新市立図書館等複合施設)の愛称について
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.