○野々市市体育施設管理規則

平成15年3月25日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、野々市市体育施設条例(平成3年野々市町条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用時間及び休館日)

第2条 体育施設(以下「施設」という。)の使用時間及び休館日は、別表のとおりとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長が必要があると認めたときは、これを変更することができる。

3 第1項の規定にかかわらず、指定管理者は、指定管理者が管理運営する施設について必要があると認めるときは、市長の承認を得て使用時間及び休館日を変更することができる。

(専用使用)

第3条 施設の専用使用の許可(以下「専用使用許可」という。)を受けようとする者(以下「専用許可申請者」という。)は、野々市市体育施設使用許可申請書(別記様式第1号。以下「許可申請書」という。)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。この場合において、市長又は指定管理者は、専用許可申請者に対し、必要に応じて使用内容等を記載した書面の提出を求めることができる。

2 専用使用許可の申請をすることができる期間は、施設を使用する日(以下「使用日」という。)の1月前の日の属する月の初日から使用日の3日前までとする。ただし、市長又は指定管理者が公益上特に必要があると認めたときは、この限りでない。

3 市長又は指定管理者は、許可申請書が適当であると認めたときは、野々市市体育施設使用許可書(別記様式第2号。以下「使用許可書」という。)を専用許可申請者に交付しなければならない。

4 専用使用許可は、許可申請書を受け付けた順序により行い、2以上の許可申請書が同時に提出されたときは、協議又は抽選により決定するものとする。ただし、市長又は指定管理者が公益上特に必要と認めたときは、この限りでない。

(個人使用)

第4条 施設の個人使用の許可を受けようとする者は、使用料を納付することによって、使用許可の手続を経たものとする。ただし、個人使用の使用料を徴収しない施設にあっては、当該使用者は、当該施設に備え付ける使用者名簿に必要事項を記載しなければならない。

2 施設の個人使用は、使用日当日において申請するものとする。

(共通利用回数券)

第4条の2 施設の個人使用に係る共通利用回数券(以下「共通利用回数券」という。)は、別記様式第3号によるものとする。

2 個人使用に係る使用料は、共通利用回数券によって納付することができる。

3 共通利用回数券は、換金することができない。

(年間利用券)

第4条の3 水泳プールの個人使用に係る年間利用券(別記様式第4号。以下「年間利用券」という。)の発行を受けようとする者は、年間利用券登録申込書(別記様式第5号)に申込者の顔写真を添えて、市長又は指定管理者に提出しなければならない。

2 年間利用券の有効期間は、発行日から起算して1年間とする。ただし、発行日から起算して1年を経過する日が水泳プールの休館日に当たるときは、当該休館日の翌日以後最初に到来する休館日でない日を有効期間の満了の日とする。

3 年間利用券の発行を受けた者は、水泳プールの使用許可の際、市長又は指定管理者に対して有効期間内の年間利用券を提示したときは、水泳プールの個人使用に係る使用料を納付したものとみなす。

(使用の制限)

第5条 施設の専用使用をすることができるものは、10人以上の団体とする。ただし、水泳プールにあっては5人以上とし、テニスコートにあっては2人以上とする。

2 テニスコートの使用回数及び使用時間は、1日1回2時間以内とする。

3 市長又は指定管理者は、施設の使用に特に支障がないと認めたときは、前2項に定める使用人数及び使用時間を変更することができる。

(使用料の減免)

第6条 条例第10条の規定により、使用料を減免する場合及び減免の額は、次のとおりとする。

(1) 市又は指定管理者が使用する場合 使用料の全額

(2) 市長が指定する市内の社会教育関係団体(以下「社会教育団体」という。)若しくは公益団体又はそれらの下部団体(以下「下部団体」という。)が使用(下部団体が練習会で使用する場合は、週1回3時間以内に限る。)する場合 使用料の全額

(3) 市長が指定する市内の心身障害者関連団体又はスポーツクラブが練習会で週1回3時間以内で使用する場合 使用料の全額

(4) 市長が指定する市内の社会福祉団体(以下「福祉団体」という。)が練習会以外で使用する場合 使用料の全額

(5) 市内の中学校、小学校、保育園、幼稚園又は児童館が使用する場合 使用料の全額

(6) 市長が指定する市内の各種連絡協議会等(以下「連絡協議会」という。)が1大会1日1会場を使用する場合 使用料の全額

(7) 市内の社会教育団体若しくは下部団体又は連絡協議会が市以上の上部団体の事務局となり、大会等に使用する場合 使用料の全額

(8) 石川県中学校体育連盟、加賀地区中学校体育連盟、白山野々市中学校体育連盟等が主催する大会で使用する場合 使用料の全額

(9) 白山野々市中学校体育連盟と他の中学校体育連盟が合同で主催する大会で使用する場合 使用料の全額

(10) 下部団体又はスポーツクラブがジュニア育成及び青少年健全育成を目的としたスポーツ教室又は練習会で使用する場合 使用料の全額

(11) 下部団体又はスポーツクラブがスポーツ教室で使用する場合 使用料の5割相当額

(12) 市内のスポーツ少年団が加盟する地区大会又は県大会で使用する場合 使用料の5割相当額

(13) 連絡協議会が1大会1会場について2日以上使用する場合 使用料の5割相当額

(14) 福祉団体が練習会で使用する場合 使用料の5割相当額

(15) 市長が指定する各種連盟等が使用する場合 使用料の5割相当額

(16) 下部団体が招へいする大会で使用する場合 使用料の5割相当額

(17) 石川県高等学校体育連盟が主催する大会で使用する場合 使用料の5割相当額

2 前項に定めるもののほか、水泳プールにおいて、次に掲げる者については、使用料の全額を減免することができる。

(1) 子育てにやさしい企業推進協議会が発行するプレミアム・パスポートを提示した中学生以下の者

(2) 身体障害者手帳(身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に規定する身体障害者手帳をいう。)、療育手帳(石川県療育手帳規則(平成12年石川県規則第39号)に規定する療育手帳をいう。)又は精神障害者保健福祉手帳(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に規定する精神障害者保健福祉手帳をいう。)を提示した者

(3) 前号に掲げる者に付き添って介助する者(同号に掲げる者1人につき1人に限る。)

3 使用料の減免を受けようとする者は、野々市市体育施設使用料減免申請書(別記様式第1号)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。ただし、前項の規定により使用料を減免する場合を除く。

4 市長又は指定管理者は、前項の申請書を受け付け、減免の可否及び減免の割合を決定したときは、使用許可書に納入すべき金額を付して当該申請者に交付するものとする。

(使用料の返還)

第7条 条例第11条ただし書の規定により、既納の使用料を返還する場合及び返還する額は、次のとおりとする。

(1) 施設の管理上の都合により、施設を使用させることができない場合 既納の使用料の全額

(2) 荒天により施設を使用させることができないと市長又は指定管理者が判断した場合 既納の使用料の全額

(3) 使用者が天災その他自己の責めによらない理由により施設を使用できなくなった場合 既納の使用料の全額

(4) 使用者が使用日の10日前までに使用の取消しを申請し、取消しの許可を受けた場合 既納の使用料の全額

(5) 使用者が使用日の3日前までに使用の取消しを申請し、取消しの許可を受けた場合 既納の使用料の5割相当額

2 条例第11条ただし書の規定により、年間利用券の料金を返還する場合は、施設の管理上の都合により水泳プールを使用させることができない期間が年間利用券の有効期間内において1月以上継続した場合とし、この場合において返還する額は、1,000円に水泳プールを使用させることができなかった期間の月数を乗じて得た額とする。

3 前項の月数は、暦に従って計算し、1月に満たない端数を生じたときは、これを切り捨てる。

4 既納の使用料の返還を受けようとする者は、使用許可書を添えて、年間利用券の料金の返還を受けようとする者は、年間利用券を提示して、市長又は指定管理者に申し出なければならない。

(照明設備の使用期間)

第8条 屋外施設の照明設備を使用することができる期間は、毎年4月1日から10月31日まで(日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日」という。)を除く。)とする。ただし、市長又は指定管理者が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(使用者の遵守事項)

第9条 使用者は、条例に定めるもののほか、次の事項を守らなければならない。

(1) 使用を許可された以外の施設、附属設備等を使用しないこと。

(2) 施設及びこれに附随する設備、器具等を損傷し、又は滅失させないこと。

(3) 許可を受けないで、壁、柱等に貼り紙、くぎ打ち等をしないこと。

(4) 所定の場所以外で飲食し、若しくは喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(5) 許可を受けないで物品の販売、寄附金等の募集及び飲食物の提供をしないこと。

(6) 騒音、怒声、放歌等を発し、又は暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(7) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑となる物品若しくは動物の類を携帯しないこと。

(8) その他体育施設関係職員の指示に従うこと。

(施設等の損傷又は滅失の届出)

第10条 使用者は、施設及びこれに附属する設備、器具等を損傷し、又は滅失させたときは、速やかにその旨を市長又は指定管理者に届け出なければならない。

2 指定管理者は、前項の規定による届出があったときは、その旨を市長に報告するものとする。

(職員の立入)

第11条 体育施設関係職員は、施設の管理運営上必要があるときは、使用している施設内に立ち入ることができる。この場合において、使用者は、これを拒むことができない。

(補則)

第12条 この規則に定めるもののほか、施設の管理運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(町長の権限に属する事務の委任に関する規則の一部改正)

2 町長の権限に属する事務の委任に関する規則(平成12年野々市町規則第21号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成16年規則第35号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第25号)

この規則は、平成18年1月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第10号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第6号)

この規則は、平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成23年規則第23号)

この規則は、平成23年11月11日から施行する。ただし、第6条第1項第8号及び第9号並びに別表の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年規則第45号)

この規則は、平成24年1月6日から施行する。ただし、別表の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年規則第3号)

この規則は、平成24年7月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第29号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年規則第2号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第1号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第4号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

施設名

使用時間

休館日

野々市市民体育館

午前9時から午後10時まで

ただし、日曜日及び祝日においては、午前9時から午後6時まで

毎週月曜日(この日が祝日に当たるときは、その翌日)の午前9時から午後1時まで

12月28日から翌年1月4日まで

野々市市スポーツセンター

毎週火曜日(この日が祝日に当たるときは、その翌日)の午前9時から午後1時まで

12月28日から翌年1月4日まで

野々市市スポーツランド

水泳プール

午前10時から午後9時まで

ただし、日曜日及び祝日においては、午前10時から午後5時まで

毎週火曜日(この日が祝日に当たるときは、その翌日)

12月27日から翌年1月5日まで

さわやかホール

午前9時から午後9時まで

ただし、日曜日及び祝日においては、午前9時から午後5時まで

12月28日から翌年1月4日まで

テニスコート

日出から午後9時まで

ただし、日曜日及び祝日においては、日出から日没まで

野々市市健康広場

日出から日没まで

12月28日から翌年1月4日まで

野々市市武道館

午前9時から午後9時30分まで

ただし、日曜日及び祝日においては、午前9時から午後5時まで

12月28日から翌年1月4日まで

野々市市弓道場

午前9時から午後9時まで

ただし、日曜日及び祝日においては、午前9時から午後5時まで

12月28日から翌年1月4日まで

野々市市民野球場

日出から午後9時まで

ただし、日曜日及び祝日においては、日出から日没まで

12月28日から翌年1月4日まで

野々市中央公園テニスコート

野々市中央公園運動広場

野々市市相撲場

押野中央公園運動広場

日出から日没まで

12月28日から翌年1月4日まで

画像

画像

画像

画像

画像

野々市市体育施設管理規則

平成15年3月25日 規則第8号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成15年3月25日 規則第8号
平成16年12月21日 規則第35号
平成17年12月1日 規則第25号
平成19年3月19日 規則第10号
平成21年6月16日 規則第6号
平成23年10月14日 規則第23号
平成23年12月19日 規則第45号
平成24年3月21日 規則第3号
平成24年6月29日 規則第29号
平成25年2月25日 規則第2号
平成26年3月24日 規則第1号
平成27年3月23日 規則第4号