石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の住まいと環境の中のごみ・リサイクル・エコの中のごみ・リサイクルの中のごみから3Rを心がけましょう ーごみ減量化に向けてー

3Rを心がけましょう ーごみ減量化に向けてー

更新日: 2017年12月8日
連絡先
環境安全課 環境衛生係電話番号: 076-227-6052 anzen@city.nonoichi.lg.jp

市内のごみ排出状況とごみ減量化の意義

 野々市市内から排出される家庭系ごみの処理総量(資源を除く)は平成28年度で9,186トンであり、これは住民1人1日当り455グラムのごみを排出している計算になります。集められたごみは焼却処分を行い、残渣や焼却灰は埋立処理等を行っています。焼却を行う際には燃料が必要となることから費用が掛かり、さらには燃料の焼却により、温室効果ガスが発生します。また、最終処分先である埋立候補地も減っており、ごみ処理に付随する問題は深刻化しているのが現状です。

排出量推移グラフ

 野々市市から排出される1人1日当りのごみの処理総量は微量ながら減少しておりますが、まだまだ十分な減量がなされている状況ではありません。平成29年9月に実施したごみ質調査結果では家庭から排出された一般ごみ袋の中には、紙類、布類、容器包装プラスチック、ビン、缶などの資源物が約25%含まれている結果となりました。

ごみ質調査結果円グラフ

 冒頭で述べた通り、ごみは減量を進めていく必要があり、減量を進めるには排出者であるみなさんの更なるご協力が必要不可欠です。



ごみ減量化に向けた効果的な取組 3Rとは

 3つのRから始まるごみ減量化手法で、以下の3つになります。
 1.Reduce(リデュース)
  そもそもごみとなる物を減らす。(このリデュースが最も効果的で重要なものです。)
  例えば…
  ・マイバックを持参し、レジ袋を貰わない。
  ・詰め替え用商品を購入する。
  ・使い切れる(食べきれる)量を購入する。不要な物は購入しない。
  ・生ごみの水切りを行う。

 2.Reuse(リユース)
  一度使用した物を修理、洗浄して繰り返し使用する。
  例えば…
  ・着れなくなった服、使わなくなった物を別の方に譲る(フリーマーケットや
  野々市市リサイクル情報ダイヤルをご利用ください)。
  ・リターナブル瓶に入っている商品を購入し、空き瓶を店頭に返却する。
  ※リターナブル瓶とは使い切りの瓶ではなく、洗浄することにより再利用することが
  できる瓶のことです。ビール瓶や一升瓶が該当します。

 3.Recycle(リサイクル)
  他に利用方法がない場合は資源としてリサイクルする。
  リサイクルを行うには、正しい分別排出が必要です。
  古紙や古着はリサイクル可能な資源です。子ども会の古紙回収や、野々市市エコス
  テーションの積極的なご利用をお願いします。
  また、生ごみ処理機やコンポストなどで食品残渣を堆肥化することも減量化には
  有効です。
  野々市市家庭ごみ及び資源の分別辞典

 以上の3つのRを心がけて、ごみの減量にご協力ください。


関連情報
このページを印刷
 
ジャンル住まいと環境
├住宅
├ごみ・リサイクル・エコ
├上・下水道
│├料金
│├上水道
│└下水道
├防災・防犯・交通安全
│├防災
│├防犯
│└交通安全
├道路・河川・公園
├都市計画
│└地区計画
└生活環境
 ├消費生活
 └ペット
このページの情報は役に立ちましたか?



 

 
現在位置:HOMEの中の住まいと環境の中のごみ・リサイクル・エコの中のごみ・リサイクルの中のごみから3Rを心がけましょう ーごみ減量化に向けてー
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.