本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・子育ての中のこどもの健康から麻しん流行の終息について

麻しん流行の終息について

更新日: 2017年5月23日
連絡先
健康推進課電話番号: 076-248-3511 kenkou@city.nonoichi.lg.jp

麻しんの発生の終息について

平成29年4月に県内で発生した麻しんについて、平成29年5月22日流行が終息しました。麻しんの感染拡大は予防接種で防ぐことができます。予防接種の対象年齢となったら、早めに予防接種を受けるようにしましょう。

麻しんは感染力が強く、広範な地域において麻しん患者が発生し、麻しん患者が感染性を有する時期に、広範囲の不特定多数の者に接触し、感染する可能性があります。

麻しんの潜伏期間(感染者と接触してから症状がでるまでの期間)は概ね10日から12日程度です。

麻しんの症状
初期症状は、発熱や咳・鼻水などの風邪症状や、目の充血、関節痛など様々な症状で、一旦解熱した後、再び高熱が出ると同時に全身に発しんが出現し、4から5日高熱が続きます。
※症状から麻しんが疑われた場合、必ず事前に医療機関に連絡のうえ、その指示に従って、速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲の方に感染させないよう、公共交通機関等の利用を避けましょう

感染期間は、上記の風邪症状が出現する1日前から解熱後3日程度です。

詳しくは、金沢市ホームページまたは石川県のホームページをご覧ください。

このページを印刷
 
ジャンル健康・福祉・子育て
├大人の健康
│├健康診査
│├健康相談
│└予防接種
├こどもの健康
│├乳幼児の健診・相談
│└予防接種
├高齢者福祉
├障害福祉
│├身体に障害のある方への福祉
│├知的障害のある方への福祉
│├精神に障害のある方への福祉
│└障害のある子どもへの福祉
├経済的にお困りの方への援助
├介護保険
└子育て
 ├保育
 ├児童福祉
 └幼稚園・放課後児童クラブ
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・子育ての中のこどもの健康から麻しん流行の終息について
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.