本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・子育ての中のこどもの健康から乳児ボツリヌス症の発生について

乳児ボツリヌス症の発生について

更新日: 2017年4月14日
連絡先
健康推進課電話番号: 076-248-3511 kenkou@city.nonoichi.lg.jp

 国内において初めて、ハチミツの摂取が原因と推定される「乳児ボツリヌス症」による死亡事故が発生しました。

 乳児ボツリヌス症は1歳未満の赤ちゃんに特有の病気です。
ボツリヌス菌が食品などを介して口から体内にはいると、大人の腸内ではボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けるため、通常は何も起こりません。
しかし、赤ちゃんの腸内環境は未熟なため、ボツリヌス菌の芽胞(注)が赤ちゃんの腸管内で発芽・増殖し、その際にできる毒素により乳児ボツリヌス症を引き起こします。

【症状】 便秘、筋力低下、哺乳力の低下、元気がなくなる、泣き声が小さくなる等

(注)
ボツリヌス菌など特定の菌は、増殖に適さない環境では芽胞を形成します。芽胞は乾燥や熱に強く、芽胞を死滅させるためには120℃で4分以上またはこれと同等の加熱殺菌が必要です。100℃程度では長時間加熱しても殺菌できません。

予防方法

ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。1歳未満の赤ちゃんにハチミツハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないでください。

ハチミツ自体はリスクの高い食品ではありませんが、1歳未満の赤ちゃんにとっては乳児ボツリヌス症のリスクが高い食品です。
なお、1歳以上の方がはちみつを摂取してもボツリヌス症の発生はありません。

関連情報
厚生労働省ホームページ「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

東京都福祉保健局ホームページ「ボツリヌス菌および乳児ボツリヌス症に関する情報」
ボツリヌス菌について
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/boturinu.html
乳児ボツリヌス症について
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/rensai/guide26.html
をご参照ください。

石川県「食の安全・安心ハンドブック」
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/yakuji/syokuhin/documents/02_hyousi.pdf
このページを印刷
 
ジャンル健康・福祉・子育て
├大人の健康
│├健康診査
│├健康相談
│└予防接種
├こどもの健康
│├乳幼児の健診・相談
│└予防接種
├高齢者福祉
├障害福祉
│├身体に障害のある方への福祉
│├知的障害のある方への福祉
│├精神に障害のある方への福祉
│└障害のある子どもへの福祉
├経済的にお困りの方への援助
├介護保険
└子育て
 ├保育
 ├児童福祉
 └幼稚園・放課後児童クラブ
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・子育ての中のこどもの健康から乳児ボツリヌス症の発生について
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.