本文へジャンプ
ののいち探検隊どんな市?100人の市だったら数字でみる野々市市野々市市の位置と自然歴史と教育くらし市役所探検今日の給食
石川県野々市市 
ホームへForeige language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
現在位置:HOMEの中のののいち探検隊の中のどんな市?
野々市町の位置と自然数字でみる野々市町100人の町だったらどんな市?

イラスト

イラスト
 
市の花木(かぼく)とマークだよ
 

市花木

市の花木はツバキです。
野々市市にはむかしから、(えだ)ぶりのりっぱなツバキが多く育っていました。また「野々市」という、ほかとちがった白にうすい(べに)をさしたような美しい品種(ひんしゅ)もあるので、ツバキになりました。昭和49年(1974年)に市を代表する花木に決められました。
この時いっしょに当時の(ちょう)議会(ぎかい)(あい)と和の都市(とし)宣言(せんげん)も定めました。

その後、昭和55年(1980年)に「愛と和の町民(ちょうみん)憲章(けんしょう)」を定め、その中のまちづくりの基本的(きほんてき)な考え方は、平成23年(2011)年に市となった後も「愛と和の市民憲章(しみんけんしょう)として受けつがれています。
ツバキ

()(しょう)

市のマークを「市章」といいます。ひらがなで「のの」を組み合わせた形で、市の発展(はってん)を表しています。野々市町合併(がっぺい)5周年(しゅうねん)記念(きねん)して昭和35年(1960年)に制定(せいてい)しました。町章

イラスト
 
今の市はどのように生まれたのかな
 

野々市市の誕生(たんじょう)

明治22年(1889年)に国で町村制(ちょうそんせい)がはじまり、野々市の村々も合併(がっぺい)して「野々市」「(とみ)(おく)」「(ごう)」「押野(おしの)」の4つの村が生まれました。
大正13年(1924年)には、野々市村が野々市町になりました。その後、昭和30年前後から全国的に小さな町・村が合併していきました。
昭和30年(1955年)にはそのころの野々市町と富奥村が合併し、次の年には郷村が分れて合併、昭和32年(1957年)4月には(きゅう)押野村の一部が野々市町に入り、野々市町になりました。
そして、平成23年(2011年)に単独で野々市市になりました。
ののいち探検隊 メニュー
インターネットの使い方リンク集サイトマップ
問い合わせ秘書広報課まえのページへページトップへ