本文へジャンプ
ののいち探検隊どんな市?歴史と教育くらし市役所探検市役所の仕事市議会のしくみと役割国際交流今日の給食
石川県野々市市 
ホームへForeige language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
現在位置:HOMEの中のののいち探検隊の中の市役所探検
町議会のしくみと役割国際交流役場の仕事 どんなまち?

イラスト

市役所の建物(たてもの)

野々市市役所は、平成14年(2002年)10月から平成16年(2004年)11月まで約2年間かけて()てられました。建物の広さは、のべ(やく)14,000平方(へいほう)メートルで、小学校およそ2つ分です。かかったお金は、建設費(けんせつひ)が約55(おく)円、土地代が約18億円でした。野々市市役所庁舎
                                           野々市市役所庁舎

建物の特ちょう

  • お年よりから子ども、障害(しょうがい)のある人、すべての人々が安心して利用できるよう、段差(だんさ)がないようにしたり、エレベーターをつけたりしています。 
  • 市の自然やけしきになじむように、3階建てにしました。建物の高さは約16メートルです。そのかわり、遠くからでもわかるように、高さ約33メートルのランドマークタワーをつくりました。 
  • 雨水を利用したり、自然の空気を取り入れたり、太陽光を利用した発電などの省(しょう)エネができるよう環境(かんきょう)にやさしい建物にしました。 
  • 災害(さいがい)が起こった場合、すぐに対応(たいおう)するための無線(むせん)や会議室(かいぎしつ)、ヘリポートなどの設備(せつび)をそなえました。また、ラジオ放送のスタジオもつくり、えふえむ・エヌ・ワンの市の広報番組「ホームタウン野々市」を放送しています。緊急(きんきゅう)の時はここから大切な情報を流します。 
  • 市民のみなさんが集って、学んだり、話し合ったり、くつろいだりできるように情報(じょうほう)交流館(こうりゅうかん)カメリアや中庭をつくりました。
  ラジオ番組「ホームタウン野々市」の生放送 情報交流館カメリア
  
 ラジオ番組「ホームタウン野々市」の生放送     情報交流館カメリア

市役所で働く人

市役所の中では、市長をはじめ、市長を助ける(ふく)市長のもと約260人の職員(しょくいん)がはたらいています。この市役所のほかに、保育園、保健(ほけん)センター、図書館、公民館などの職員と学校や体育館などではたらいている人の一部も野々市市の職員で、全部合わせると530人くらいになります。


関連リンク

yazirusi えふえむ・エヌ・ワン

ののいち探検隊 メニュー
インターネットの使い方リンク集サイトマップ
問い合わせ秘書広報課まえのページへページトップへ