本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・子育ての中の子育ての中の児童福祉から平成28年1月診療分からの子育て支援医療費・ひとり親家庭等医療費の助成制度

平成28年1月診療分からの子育て支援医療費・ひとり親家庭等医療費の助成制度

更新日: 2015年12月1日
連絡先
子育て支援課 kosodate@city.nonoichi.lg.jp

平成28年1月診療分から子育て支援医療費助成・ひとり親家庭等医療費助成医療費(所得制限有)の助成方法が変わります。

平成27年12月中旬以降に子どもの「受給資格証」を送付します

子育て支援医療費助成及びひとり親家庭等医療費助成制度の対象の児童(児童のみ)に対して、「受給資格証」を送付します。
なお、ひとり親家庭等医療費助成対象の父又は母に対しては、今回新しい受給資格証を送付しません

子どもの医療費

送付する受給資格証を医療機関の窓口で提示していただくと、窓口でのお支払いが以下のとおりとなり、市へ申請することなく助成金の支給を受けることができるようになります。(現物給付)

ひとり親家庭等の父又は母の医療費

すでに交付しているひとり親家庭等医療費受給資格証を医療機関の窓口で提示していただくと、以下のとおり、窓口でのお支払いは変わりませんが、市へ申請することなく助成金の支給を受けることができるようになります。(自動償還払い)

 
 

平成28年1月からの医療費助成制度これまでの制度
対象者中学生までの子ども及び
ひとり親家庭等医療費助成対象の児童
ひとり親家庭等医療費助成対象の
父又は母
助成
方法
現物給付自動償還払い償還払い
取扱
医療機関
石川県内の
病院・診療所・薬局
野々市市内の
病院・診療所・薬局
限定なし
窓口
負担額
通院:1医療機関あたり1日500
   500円未満のときはその額)
入院:1医療機関あたり1か月1,000
薬局: 無料
  (保険薬局における保険調剤)

※自費診療分、入院の食事代等は別途 かかります。
変更なし
保険診療の自己負担額
(総医療費の3割)
保険診療の
自己負担額
(総医療費の2割又は3割)
1か月の
自己
負担額
(上限)
月1,000円

窓口で負担した額(保険適用分)の1か月の合計から1,000円を差し引いた金額を、診療月から3か月後、市から保護者の口座に振込みます。市への申請は不要です。

ただし、保険診療分のうち現物給付・自動償還払いにならなかったものについては、市へ申請手続きが必要です。
月1,000円

市に申請すると
、窓口で負担した額(保険適用分)の1か月の合計から1,000円を差し引いた金額を、申請の翌月に保護者の口座に振込みます。

【現物給付事例(子ども)】

1か月にA病院2日通院、B病院1日通院(医療費500円未満)、C薬局1日を受診した場合
           窓口負担額
1月10日 県内A病院  500
1月15日 県内A病院  500  1か月の窓口負担額合計   自己負担額(上限)  助成額
1月20日 県内B病院  300円   ( 5005003000 ) -  1,000    =    300
1月20日 県内C薬局    0

現物給付・自動償還払いにならない場合があります

下記の場合は、現物給付・自動償還払いになりません。
これまでどおり、医療機関の窓口で保険診療の自己負担額(総医療費の2割又は3割)を支払い、診療を受けた翌月の初日から1年以内に領収証を添えて子育て支援課に申請してください。(償還払い)
●平成27年12月以前に受診した場合
●受給資格証を提示しないで受診した場合
●整骨・接骨・鍼灸院にかかった場合
●治療用補装具を作った場合
●他の公費負担医療制度(未熟児養育医療・育成医療・小児慢性特定疾患など)に該当する場合
現物給付にならない場合(子ども)
●県外の医療機関で受診した場合(県内医療機関でも現物給付に対応していない場合がありますので、事前に医療機関にご確認ください。)
自動償還払いにならない場合(ひとり親家庭等の父又は母)
●市外の医療機関で受診した場合(市内医療機関でも自動償還払いに対応していない場合がありますので、事前に医療機関にご確認ください。)

助成対象外のもの

これまで(償還払い)と同じく、下記については、助成対象になりません。
●薬の容器代、予防接種、文書料、入院時の食事療養費や差額ベッド代など、保険適用されない治療やサービス
●学校や保育園等において、日本スポーツ振興センターから給付のあった医療費
●健康保険から支給される高額療養費や付加給付金等

届出が必要な場合

●住所・氏名・加入保険など受給資格証の内容が変わった場合
●振込口座を変更したい場合(保護者名義のみ。子ども名義の口座は使用できません。)
●受給資格証を紛失・破損した場合

受給資格証の返却が必要な場合

●市外へ転出した場合、生活保護法の適用を受けるようになった場合、その他受給資格を失 った場合

問い合わせ先

子育て支援課  電話番号076-227-6077

関連情報
 こども医療・ひとり親家庭等医療費給付申請書
このページを印刷
 
ジャンル健康・福祉・子育て
├大人の健康
│├健康診査
│├健康相談
│└予防接種
├こどもの健康
│├乳幼児の健診・相談
│└予防接種
├高齢者福祉
├障害福祉
│├身体に障害のある方への福祉
│├知的障害のある方への福祉
│├精神に障害のある方への福祉
│└障害のある子どもへの福祉
├経済的にお困りの方への援助
├介護保険
└子育て
 ├保育
 ├児童福祉
 └幼稚園・放課後児童クラブ
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・子育ての中の子育ての中の児童福祉から平成28年1月診療分からの子育て支援医療費・ひとり親家庭等医療費の助成制度
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.