本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の各課の案内の中の市民課からマイナンバーカード(個人番号カード)と通知カード

マイナンバーカード(個人番号カード)と通知カード

更新日: 2017年3月28日
連絡先
市民課電話番号: 076-227-6046 shimin@city.nonoichi.lg.jp
 
●平成29年2月1日野々市市北西部区画整理事業の換地処分に伴い町名変更となった区域にお住まいの方へ
三日市町、二日市町の一部、徳用町、郷町の一部)

★ご注意ください!!
マイナンバーカード交付申請書について
 変更前の住所が記載された申請書は使用できません。マイナンバーカードの交付申請を希望される方は、変更後の住所が記載された交付申請書を発行いたしますので、お手数ですが市民課まで、連絡または来庁ください。

●マイナンバーカードの受け取り方法については、下記の「6.マイナンバーカード(個人番号カード)の受け取り方法」をご覧ください。

 ※マイナンバーカードを申請された方で、ご自宅に交付通知書(はがき)が届いた方は、お早めに受け取り手続きに来庁ください。


1.マイナンバー(個人番号)について


・ マイナンバーとは国民一人ひとりがもつ12桁の番号です。
・社会保障・税・災害対策の法律で定められた手続きで、マイナンバーが必要になります。(年末調整を行う際に、お勤め先からマイナンバーの提示を求められます。
・マイナンバーは生涯にわたって使うものです。大切にしてください。

※法律で定められた手続き以外で、マイナンバーを求める行為は禁止されています。不用意にマイナンバーを教えないように注意してください。


2.マイナンバー(個人番号)の通知カード


・ マイナンバーは通知カードでお知らせします。
・ 住民票の住所にマイナンバーの「通知カード」が封書で送られます。(封筒には通知カードのほか、説明用パンフレットマイナンバーカード申請書マイナンバーカード申請書用返信用封筒が同封されています。)
・通知カードは身分証明書としては利用できません。
・法律で定められた手続きの際に必要になります。住所や氏名等の変更の際は、カード裏面に変更事項について記載をしますので、市民課窓口までお持ちください。

   通知カードイメージ
通知カード

※原則として住民票の世帯ごとにお送りします。現在お住まいの住所と住民票の住所が異なる場合、受け取ることができない可能性があります。不在連絡票が届いた場合は、1週間程度郵便局で保管され、市民課に返戻されます。市民課での保管期間は約3ヶ月になります。

3.通知カードが市役所に返戻されています

 
※何らかの事情により、通知カードを受け取ることができなかった場合は市役所に返戻されています。返戻された通知カードを受け取るには、以下のものを持参のうえ、市民課窓口までご来庁下さい。

◆本人もしくは同一世帯員が受け取る場合
 ・来庁者の本人確認書類【※1】
 ・来庁者の認印

◆代理人が受け取る場合
 ・本人(委任者)の本人確認書類【※1】
 ・代理人の本人確認書類【※1】
 ・代理人の代理権を証明する書類【※2】
 ・代理人の認印

【※1】Aの場合は1点、Bの場合は2点ご持参下さい
 A:運転免許証、パスポート、顔写真付き住基カード、身体障害者手帳、療育手帳、在留
   カード等
 B:健康保険証、医療受給者証、介護保険証、年金証書、預金通帳、社員証、学生証等

【※2】法定代理人(親権者や成年後見人)の場合は、戸籍謄本その他その資格を証明
   する書類
   法定代理人以外の場合は、本人(委任者)の自署と押印がある委任状

市民課での保管期間は約3ヶ月になりますが、保管期間経過後の通知カード再交付には手数料が必要となりますので、お早めにお受け取り下さい。


4.マイナンバーカード(個人番号カード)


・ 希望する方はマイナンバーカードが取得できます。
・ 平成27年10月から申請することができ、平成28年1月から順次交付します。
  (申請書は通知カードに添付されます。)
・ マイナンバーカードにはカードの表面に、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が掲載され、裏面にマイナンバーが記載されます。
・ 本人確認のための身分証明書として利用できます。
・ e-Tax等の電子申請等が行える電子証明書が標準搭載されます。
・ 初回発行手数料は無料です。
・ マイナンバーカードを受けるときは、引き換えに通知カードを市区町村窓口で返納することになります。
・ 住民基本台帳カード(住基カード)をお持ちの場合、両方のカードを所持することはできません。マイナンバーカード取得の際には、通知カードのほか住基カードも返納することになります。
・マイナンバーカードの有効期限は、20歳以上の方は発行日から10回目の誕生日、20歳未満の方は容姿の変化を考慮して発行日から5回目の誕生日となります。
(電子証明書の有効期限は発行日から5回目の誕生日になります。)

  マイナンバーカードイメージ
 
個人番号カード表面 個人番号カード裏面 
※住所や氏名等の変更の際は、サインパネル領域に記載が必要になりますので、必ずお持ちください。


5.マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法


・ 配達される通知カードの下部に交付申請書(赤枠内)がありますので、切り取りのうえ、ご利用ください。
・氏名、住所、生年月日、性別は記載済みです。電話番号申請日を記入し、申請者の署名のうえ、顔写真(無帽、正面、無背景)を貼付してください。その他の項目については任意で記入してください。
・通知カードに同封の返信用封筒で送付をお願いします。

※申請書の記載内容(住所や氏名等)に変更がある場合は、通知カードに同封の申請書は使用できませんので、市民課窓口までお越しください。

個人番号カード交付申請書

その他スマートフォン、パソコン、証明写真機(対応機に限る)からも申請ができます。
⇒詳しくはマイナンバー総合サイトへ

6.マイナンバーカード(個人番号カード)の受け取り方法


・ マイナンバーカードは、本人又は本人とともに来庁した親権者、成年後見人が受け取ることが出来ます。

受け取りに必要な書類


(1) 交付通知書(はがき)
   野々市市から順次発送します。

(2) 通知カード

(3) 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

(4) 本人確認書類 注1
   本人及び親権者や後見人等の本人確認書類も必要です。

(5) 親権や後見人等の代理権を証明できる書類(戸籍謄本・登記事項証明書等)
   発行から3カ月以内のもの
   戸籍謄本に関して、本籍が野々市市の方で、親権を確認できる場合は省略できます。


注1必要な本人確認書類の種類について

●本人の場合(次のいずれかの書類が必要になります。)
・本人確認書類A : 1点 (官公署が発行した顔写真付きのもの)
・本人確認書類B : 2点 
有効期限を過ぎたものは使えません。
 ※ 電子証明書を搭載したマイナンバーカードを受け取る場合は、住所や氏名の書き換え(裏書・追記)を済ませた免許証等を提示する必要がありますので、ご注意ください。

●親権者や後見人等の場合(次のいずれかの書類が必要になります。)
・本人確認書類A : 2点 
・本人確認書類A : 1点 及び本人確認書類B : 1点


本人確認書類A
 顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可証、仮滞在許可書

本人確認書類B
 健康保険証、介護保険証、医療受給者証、生活保護受給者証、年金手帳、年金証書、顔写真なし住民基本台帳カード、社員証、学生証、自己名義の預金通帳など
※通知カードは本人確認書類には含まれません。

本人が窓口に来られない場合について


本人が病気、身体の障害その他のやむを得ない事情により窓口にお越しになることが難しい場合に限り、代理人にマイナンバーカード受け取りの手続きを委任できます。

必要な書類


(1) 交付通知書(はがき)
   野々市市から順次発送します。

(2) 通知カード

(3) 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

(4) 本人確認書類 注2
   本人分及び代理人の本人確認書類

(5) 委任状
   
交付通知書(はがき)の裏面の委任欄を使用します。

(6) 本人が窓口にお越しになることが困難であることを証明する書類
   
「医師の診断書」、「入院(入所)している証明書」、「障害者手帳」、「介護保険証」
   (本人が窓口にお越しになることが困難な障害・介護の記載がされているもの)

注2 必要な本人確認書類の種類について

●本人の場合(次のいずれかの書類が必要になります。)
・本人確認書類A : 2点 (官公署が発行した顔写真付きのもの)
・本人確認書類A : 1点 及び本人確認書類B : 1点
・本人確認書類B : 3点 (内1点は顔写真付きのもの) 
有効期限を過ぎたものは使えません。
 ※ 電子証明書を搭載したマイナンバーカードを受け取る場合は、住所や氏名の書き換え(裏書・追記)を済ませた免許証等を提示する必要がありますので、ご注意ください。

●代理人の場合(次のいずれかの書類が必要になります。)
・本人確認書類A : 2点 
・本人確認書類A : 1点 及び本人確認書類B : 1点

本人確認書類A
 顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可証、仮滞在許可書

本人確認書類B
 健康保険証、介護保険証、医療受給者証、生活保護受給者証、年金手帳、年金証書、顔写真なし住民基本台帳カード、社員証、学生証、自己名義の預金通帳など
※通知カードは本人確認書類には含まれません。



7.マイナンバーをかたった詐欺に注意



・マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や詐欺が増えています。
・野々市市からマイナンバーを教えてください。お金を振り込んでください。」等という電話をすることは、ありませんので注意してください。
・不審な電話や訪問があった際は警察署に相談してください。


8.マイナンバーに関する疑問・質問は、
  マイナンバー総合フリーダイヤルへ


「通知カード」「マイナンバーカード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。
音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
◆電話番号 : 0120-95-0178(無料)
  ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)
   ・ マイナンバー制度に関すること : 050-3816-9405
   ・ 「通知カード」「マイナンバーカード」に関すること : 050-3818-1250
  ※ 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
   ・ マイナンバー制度に関すること : 0120-0178-26
   ・ 「通知カード」「マイナンバーカード」に関すること : 0120-0178-27
    (英語以外の言語については、平日9時30分から20時まで)
◆受付時間:平日:9時30分から20時まで
        土日祝日:9時30分から17時30分まで
        (年末年始12月29日から1月3日を除く)

関連情報
 マイナンバー(社会保障・税番号制度)制度のお知らせ
 特定個人情報(マイナンバー)の保護について
このページを印刷
ジャンル暮らしの手続き
├戸籍・住民登録・印鑑証明
│├戸籍
│├住民登録
│├印鑑証明
│└外国人登録
├年金
├長寿医療制度
├国民健康保険
└税金
 ├市県民税(個人市県民税・法人市民税)
 ├固定資産税
 ├軽自動車ほか
 └納税・税証明
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の各課の案内の中の市民課からマイナンバーカード(個人番号カード)と通知カード
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.