本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の開かれた市政の中の市民協働のまちづくりから野々市市のアダプトプログラム(里親制度)

野々市市のアダプトプログラム(里親制度)

更新日: 2016年12月22日
連絡先
市民協働課 市民協働係電話番号: 076-227-6029 kyoudou@city.nonoichi.lg.jp

アダプトプログラムとは?

 ボランティア活動の新しい制度として、1985年に米国テキサス州運輸局がハイウエイに導入したのが原点となっています。

 野々市市では平成14年度より『林口用水遊歩道』においてこの制度を導入しました。

 「アダプトプログラム」は市民と行政が協働で進める、新しい「まち美化プログラム」です。アダプト(ADOPT)とは英語で「○○を養子にする」という意味です。

 一定区間(区域)の公共の場所を養子にみたて、市民が里親となって公共施設の美化(清掃、除草等)を行い、行政がこれを支援します。

 市民と行政が互いの役割分担を定め、両者のパートナーシップのもとで美化を進めます。

アダプトプログラムによって・・・!

環境美化の第一歩は、『自分たちの街は自分たちできれいにする』ことからはじまります。活動に参加している人たちの連帯感が向上し、活動を通じて地域への愛着が深まります。
 また、身近な人たちの活動の様子がみえることで、より多くの人たちの環境美化への意識が高まります。

アダプトプログラムの要点

野々市市のアダプトプログラム事業は、市で管理する道路(自転車歩行者道を含む)及び都市公園について、町内会や企業などの団体を対象として活動を行っております。

 
  1. 里親となる区間(区域)の決定
    ボランティア活動を行う団体と市が協議し決定します。  
  2. 市と活動団体とのパートナーシップ
    里親として活動している団体に対して、清掃道具の提供やボランティア保険の加入などボランティア活動の支援を行います。  
  3. 市と活動団体とのアダプトプログラムの合意
    市と活動団体が役割分担を明確にし、持続的な美化活動を行う上で合意書の取り交わしが必要となります。  
  4. アダプトプログラムのサインの掲示
    定期的に活動を行う団体については、一定区間(区域)でアダプトプログラム活動をしている印として、その団体の名称等を記入したサインボードをその区間(区域)に掲示します。 

アダプトプログラムの実施状況

 アダプトプログラムの趣旨に賛同して、市と合意書を取り交わしボランティア活動に取り組んでいただいている団体は次のとおりです。


アダプトプログラム活動団体一覧(平成28年12月現在)pdf


活動の様子を紹介します。
林口用水遊歩道アダプト・サインカンナの球根を植えている様子

林口用水遊歩道アダプト・サイン

カンナの球根を植えている様子

除草作業の様子除草作業の様子

除草作業の様子


関連情報
総合計画 ダイジェスト版へ
 


 
現在位置:HOMEの中の開かれた市政の中の市民協働のまちづくりから野々市市のアダプトプログラム(里親制度)
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.