本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の産業・観光・交流の中の男女共同参画・人権の中の男女共同参画から配偶者暴力防止法の内容

配偶者暴力防止法の内容

更新日: 2016年7月13日
連絡先
市民協働課 市民協働係電話番号: 076-227-6029 kyoudou@city.nonoichi.lg.jp

1.保護命令制度の拡充

(1)生命・身体に対する脅迫を受けた被害者も保護命令の申し立てができます。

配偶者から生命・身体に対する脅迫を受けた被害者が、将来、配偶者から受ける身体に対する暴力により、生命または身体に対する重大な危害受けるおそれが大きいと認められるときにも、裁判所は保護命令を発することができるようになりました。

(2)被害者に対する電話・電子メール等が禁止されます。

被害者への接近禁止命令の実効性を確保するため、被害者の申立てにより、被害者への接近禁止命令と併せて、裁判所は配偶者に対し、被害者に対する以下のいずれの行為も禁止する保護命令を発することができるようになりました。

  1. 面会の要求
  2. 行動の監視に関する事項を告げること等
  3. 著しく粗野・乱暴な言動
  4. 無言電話・連続しての電話・ファクシミリ・電子メール(緊急やむを得ない場合を除く。)
  5. 夜間(午後10時から午前6時)の電話・ファクシミリ・電話メール(緊急やむを得ない場合を除く。)
  6. 汚物・動物の死体等の著しく不快又は嫌悪の情を催させる物の送付等
  7. 名誉を害する事項を告げること等
  8. 性的羞恥心を害する事項を告げること等又は性的羞恥心を害する文章・図画の送付等

(3)被害者の親族等も接近禁止命令の対象となります。

配偶者が被害者の親族等の住居に押し掛けて著しく粗野・乱暴な言動を行っていることなどの事情があることから、被害者が配偶者と面会せざるを得なくなることを防止するため必要があると認めるときは、裁判所は、被害者の申立てにより、被害者への接近禁止命令と併せて、被害者の親族等への接近禁止命令を発することができるようになりました。

2.市町村基本計画の策定

都道府県のみに義務付けられていた配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策の実施に関する基本計画の策定が、市町村の努力義務となりました。

3.配偶者暴力相談支援センターに関する改正

  1. 市町村の適切な施設において、配偶者暴力相談支援センター(以下「支援センター」という。)としての機能を果たすようにすることが、市町村の努力義務となりました。 
  2. 被害者の緊急時における安全の確保が、支援センターの業務として明記されました。

4.裁判所から支援センターへの保護命令の発令に関する通知

保護命令を発令した場合、裁判所は速やかに、保護命令を発したこと及びその内容を、被害者が相談等をした支援センターに通知することとなりました。

このページを印刷
 
ジャンル産業・観光・交流
├商工・労働
├観光
│├銘菓
│├特産・名産品
│├観光マップ
│└野々市じょんからまつり
├交通
├農業
├国内・国際交流
└男女共同参画・人権
 ├男女共同参画
 └人権
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の産業・観光・交流の中の男女共同参画・人権の中の男女共同参画から配偶者暴力防止法の内容
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.