本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeige language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の各課の案内の中の市民協働課の中の市民相談から第68回人権週間

第68回人権週間

更新日: 2016年12月2日
連絡先
市民協働課 市民相談係電話番号: 076-227-6040 kyoudou@city.nonoichi.lg.jp

第68回人権週間  12月4日(日曜日)から10日(土曜日)まで

  昭和23年(1948年)12月10日の第3回の国際連合総会において「世界人権宣言」が採択されたことを記念して、12月4日から10日までをわが国では「人権週間」としたものです。



「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。」  (世界人権宣言第1条から)



人権について考えてみましょう

 私たちは、日常生活の中で、お互いの人権をどのように考えているのでしょうか。
 守られているときにはその大切さに気づかず、侵されたときに初めて大変だと思う・・・。人権とは「水や空気」のようなものとして感じているのかもしれません。
 しかし、身近なところで、

◎いじめ、体罰、児童虐待などの子どもの人権について
◎無視、あなどり、高齢者虐待などのお年寄りの人権について
◎完全な社会参加を目指す障害のある人の人権について
◎「男は仕事、女は家庭」の意識などから生まれる性差別について
◎人種、民族、生活習慣の違いなどから生ずる外国人に対する偏見や差別について
◎インターネットの掲示板等に他人を誹謗中傷する表現を掲載することなどについて

  このような「偏見」や「差別」などによる様々な人権問題が起きています。
  人はだれでも幸せに生きたいと願っています。と同時に、家族や友人などまわりの人々の幸せを願っています。すべての人々が幸せに生きるためには、お互いの人権を尊重し、相手を思いやる心で、豊かな人間関係を築いていかなければなりません。
 人権とは、傷つけてもいけない、傷つけられてもいけない、とても「大切」なものなのです。






関連情報
このページを印刷
 
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の各課の案内の中の市民協働課の中の市民相談から第68回人権週間
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.