本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEから平成27年度ののいちコミュニティカレッジの記録

平成27年度ののいちコミュニティカレッジの記録

更新日: 2015年11月20日

 
ののいちコミュニティカレッジ(略してコミカレ)の実施記録です。
コミカレでは年間を通して通常の講座や公開講座・交流会などたくさんの講座を実施しています!
このページでは、その様子をご紹介します★


カメラ
ライン




平成27年11月19日(夜の部) 
「男と女、すれ違いはココから起こる 謎を紐解けばこんなにもわかりあえる」
 講師:萩原 扶未子 先生(株式会社ジーアンドエス社長)

 
講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
このタイトル、テーマで興味を示さない人はいないでしょう!
今日の話で男と女の違いがわかったが、時機が遅すぎた。もっと早く聞いていれば世の中変わっていたであろう。
特性の違いを具体的に面白、おかしく講義して頂いたので時間のたつのも忘れた。
とにかく夫婦のケンカの原因がわかった。

☆受講生の感想☆
・あるある、とたくさん思えました。
・わかりやすくとってもよかったと思います。家に帰ったら娘たちにも話してやりたいと思います。
・男と女のすれ違い…具体的に次々と説明されると、なるほど!と一つ一つが全て感心したし、内容的に本当にその通りなのでためになった。もっと早く教えて欲しかった!





平成27年11月6日(昼の部) 
「知っておいしさ倍増!?きのこをおいしく楽しもう!」
 講師:能勢 育夫 先生(石川県きのこ会 会長)

 
講座の様子きのこ
☆企画委員による講座記録☆
「きのこ」のイメージは食べて美味しいもの、としか思っていませんでした。しかし本日の受講をして考え方が変わりました。
樹木と芝生、有機物を分解する、昆虫に寄生する、生きた木を分解する等。
「きのこは森の掃除屋さん」「異常発生をコントロールする」大切な存在である。
きのこの栽培方法を教えて頂いた時自分たちで育てられるのではないかと思うほど楽しい講義でした。種類が多いことにもびっくり。食べ方まで親切に教えて頂き大変参考になりました。

☆受講生の感想☆
・食する事のみで自生したものを採取したこともないので、詳しく知ることができ興味深く受講できた。
・色々なきのこの話を聞けてよかった。
・販売されているものの原木とか菌床となっている理由がわかった。



 

平成27年10月22日(夜の部) 
「美味しい地元ブランドと金沢工業大学(KIT)が世界を目指す 金沢百万石ビール拡販プロジェクト」
 講師:松林 賢司 先生(金沢工業大学 教授)

 
講座の様子講座の様子
☆企画委員による講座記録☆
 石川県産の麦茶用の「六条大麦」を原料として使用し、健康成分であるGABAの含有量を高める技術によって醸造され、学生がデザインしたパッケージやポスター・チラシを交えて、地元ブランドとして、または観光客向けの販売戦略立案などのプロセスを講演された。
また、終了時本講座で紹介されたビールの抽選会があり3名が持ち帰った。

☆受講生の感想☆
・大変楽しい講義で時間があっという間に終わった。金沢工業大学が素晴らしい大学だと理解できました。野々市市の誇りです。
・起業したくなりました。



 

平成27年10月14日(昼の部) 
「小さな微生物と私たちの良い関わり」
 講師:山本 憲二 先生(石川県立大学 教授)

 
講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
 「微生物」のタイトルで講義を受けたのは初めてでしたが、ノーベル賞を受けられる大村智先生が「微生物の研究」で2億人以上の命を救ったことで感心があったのか大勢の受講生でした。
 1円玉程度の土の中に何億個以上の微生物がいる。微生物は無限の可能性がある、地球の先住民である。内容を理解するのに苦労したが、ビフィズス菌・乳酸菌も微生物であり人の身体にとって非常に大切なものであるということ、特にビフィズス菌は善玉菌の代表格であることがわかり「微生物」を身近に感じました。
 「微生物」と聞いただけできたない物というイメージがありましたがそれが払拭され、様々な働きをしてくれる大切なものだということがわかった収穫の多い講座でした!



 

平成27年10月8日(夜の部) 
「いま、もう一度読む日本国憲法」
 講師:石川 多加子 先生(金沢大学 准教授)

 
講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
 憲法は主権在民と人権尊重を基盤に据えて、三権分立のもとで自由権・社会権・参政権・国務請求権が国民の手に預けられていることを再認識・再確認して、真剣に国政を考え、対応する大切さを改めて学ぶことができました。

☆受講生の感想☆
・憲法をもっと知りたいと思った。
・知っていたつもりが、殆ど忘れてしまっていたことに自身が驚いた。
・遠くにあった憲法が身近なものだということに気づかされました。日々の生活は憲法によって守られていることを丁寧に説明、お話していただき有意義な講義でした。


 

平成27年8月25日(夜の部) 
「イスラム過激派の脅威 中東諸国を中心に」
 講師:鹿島 正裕 先生(放送大学石川学習センター所長)

 
講座の様子講座の様子2

☆企画委員による講座記録☆
 イスラムとは何かを、イスラムの中心概念とイスラムの宗派の両面から説明いただいた。中東諸国における過激派の分布及び過激派が何に依拠して過激な行動に出るのかを知ることができました。

☆受講生の感想☆
・「宗教のもつ難しさ」を感じた。
・最近のイスラム国の話題があり参考になった。




平成27年8月11日(昼の部) 
「似合う色見つけませんか 色のチカラと効果」
 講師:永浜 景子 先生(NPO法人色彩生涯教育協会認定講師)

 
講座の様子講座の様子2
女性企画委員一押しの講座!
洋服を選ぶとき、お化粧をするとき、家具を決めるとき・・・生活の色々な場面で色が登場します。その「色」のもつ効果を具体例をあげてわかりやすく説明して頂きました。
お話の後は、グループに分かれてそれぞれの似合う色をセルフ診断しました!
皆さん自分の似合う色を発見されたようです☆
野々市のまちが皆さんの素敵な色で溢れますように!

☆受講生の感想☆
・似合う色と自分が好きな色とは違うのだと思った。色はいろいろな意味があるのだと勉強になりました。色は本当に奥が深いなあと思いました。
・色の再認識ができ楽しかった。




平成27年7月30日(昼の部) 
「お味噌、お醤油、お漬物…発酵食品の魅力と未来」
 講師:近藤 哲史 先生(公財)いしかわ農業総合支援機構 6次産業プランナー

 
講座の様子味噌イラスト
☆受講生の感想☆
・身近な題材でとても興味がありおもしろかった。講師の先生の話方もとても良かったです。
・身近にありいつも使っているものの専門的な話から食材の歴史、各地域の特色を説明され大変興味をもった。
・昔懐かしい内容で本当に聞き易かった。ナスのオランダ煮ソーメンかけ、色付け、どぶろく・・・涙が出そう!今でも懐かしいが息子の嫁に作ってくれと言っても完全に死語。年取るとそんなものが食いたーい!



平成27年7月16日(夜の部) 
「市長が語る!政治の話」
 講師:粟 貴章 先生(野々市市 市長)


 
市長が語る!政治の話市長が語る!政治の話2
 
夜の部第1回の講座である本講座では、講座に先立ち昨年度に獲得単位が70単位を超えたお二人へ記念品である「のっティのオリジナルピンバッジ」の贈呈式を行いました。
いろんな場所で使ってくださいネ!

☆企画委員による講座記録☆
 市長が子どものころから、選挙や政治を身近に感じたご自身の環境。そして、高校、大学、卒業にかけて政治家を志して歩んできた道について話をされました。不安定な職業であるため、様々な経験をされ、粟市長の今日のタフさの源を感じました。
 市長は選挙に勝つために行動していた時もあったと述懐されながらも今は「市民との距離を縮め、市民の声をまとめて政策として実行していきたい」「政治を二者択一で決めたくない。様々な意見を取り入れていきたい」と話された言葉が印象的でした。

☆受講生の感想☆
・私にとって政治はメディアを通して与えられるもので直接的には見えない。であるからメディアではなく政治に携わる方からの話はおもしろかった。


 

平成27年6月25日(昼の部) 
「新種の折り鶴を生み出そう!」
 講師:鷲山 靖 先生(金沢大学 教授)

       
 
講座の様子講座の様子2
 
新種の折り鶴についてお話頂きました。
A4用紙から「メビウスの輪」「最大の正方形」「正三角形」などを切り出したりテーマの「新種の折り鶴」を折ったりと盛りだくさんの内容でした。
皆さん最初は「難しい…」と頭を抱えた様子でしたが、答え合わせの瞬間にはうってかわってのスッキリした表情を浮かべていました。

☆受講生の感想☆
・指先や頭の体操になってとても楽しかったです。
・童心に帰った気持ちで楽しかったです。孫とまた一緒に作りたいと思います。
・三角形で鶴を折ったことがなかったので、とても楽しく折ることができました。

 

                   

交流会


平成27年8月1日
第1回交流会「夏野菜の収穫と秋野菜の種まき」 午前9時から 石川県立大学にて
講師:福岡 信之 先生(石川県立大学 教授)

                                 
毎年恒例!石川県立大学での収穫体験です!
2か月前に完成した真新しい教室で大学の説明や研究についてのお話を伺いました。
また、参加者から野菜の栽培に関するたくさんの質問もあり、先生のアドバイスに皆さん熱心に耳を傾けていました。

そしてお待ちかねの、農場へ!
とっても暑い日でしたが、負けずに収穫や交流を楽しみました!

☆受講生の感想☆
・とっても充実した半日でした。家から県立大は近くこういう研修がないかといつも思っていました。できれば半(?)学生になって通学したい気持ちです。
・じゃがいもやナスの収穫初めての経験で楽しかった。
・サラリーマンの自分には貴重で楽しい体験でした。
 
大学の教室の雰囲気に喜ぶ受講生も! いざ収穫!
▲大学の教室の雰囲気に喜ぶ受講生も!▲いざ収穫!

 
ごろごろと埋まっていましたみなさんのガッツによりたくさん収穫されたジャガイモ!
▲ごろごろと埋まっていました。▲みなさんのガッツによりたくさん収穫されたジャガイモ!参加者で山分けしました。


 

平成27年10月31日(土曜日)
第2回交流会「秋の県立大学へ 果樹園もあるんです!柿の脱渋体験!」
時間:午前9時 会場:石川県立大学 果樹園
講師:高居 恵愛 先生(石川県立大学 准教授)

☆企画委員による講座記録☆
渋柿の渋の原因は水溶性のタンニンです。アセトアルデヒドによる縮重合でタンニンを不溶性にすれば甘柿になります。柿のごまは不溶性になった甘柿なのです。などに加えエタノール、二酸化炭素などで脱渋できることを学び、エタノール処理による脱渋体験をしました。
果樹園の見学では、りんご畑で巨大なりんご「品種ふじ」を収穫させていただきました。

☆担当者による追記
脱渋した渋柿は1週間後が食べごろということでした。どんな味になったかというと・・・?
受講生の感想によると、とってもとっても甘くやわらかくおいしかったそうです☆
柿の不思議をおいしく体験しました。
 
講座の様子講座の様子2
  


    
関連情報
 平成27年度ののいちコミュニティカレッジ

 ののいちコミュニティカレッジの足跡(過去の記録)
このページを印刷
 
ジャンル教育・文化・スポーツ
├教育委員会
├学校教育
│├小中学校
│└施設整備
├図書館
├生涯学習
│├生涯学習施設
│├サークル案内
│└イベント・教室
├文化・文化財
│├文化振興
│└文化財
└スポーツ
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEから平成27年度ののいちコミュニティカレッジの記録
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.