本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の教育・文化・スポーツの中の生涯学習の中のイベント・教室からののいちコミュニティカレッジの記録

ののいちコミュニティカレッジの記録

更新日: 2016年12月26日

 
ののいちコミュニティカレッジ(略してコミカレ)の実施記録です。
コミカレでは年間を通して通常の講座や公開講座・交流会などたくさんの講座を実施しています!
このページでは、その様子をご紹介します★


カメラ
ライン


平成28年12月13日(夜の部) 
「野々市歴史講座 末松廃寺と加賀の仏教文化」
 講師:三浦 純夫 先生(公益財団法人石川県埋蔵文化財センター 参事)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
  発掘調査やその後の研究をもとにわかりやすく説明頂きました。末松廃寺とは、「末松にある廃寺」ということで当時の名前はまだわかっていないとのこと!
まだまだ不明な点が多いですが、同時代の寺院を参考にお話くださり、当時の様子に思いを馳せた90分間でした。
先生に伺った話を思い出しながら、末松廃寺跡を散歩したいと思いました。

☆受講生の感想☆
・自分が住んでいる野々市市の歴史を学ぶことができ、良かったです。
・県内にたくさんの遺跡があると知っていても、お話を聞くまではよく分からなかった。良い機会でした。





平成28年11月22日(夜の部) 
「知っておきたい!認知症のイロハ!」
 講師:中本 理和 先生(金沢市民生協会 ときわ病院 医長)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
  脳から神経細胞に情報を伝える方法は電気情報と同じ二進法であるという話が興味深かった。「認知症=老化」だと思っていたが、科学的に認知症の説明を聞くことができ、冷静にこの病気と向き合えるのではないかと思った。老後の生活を送る上で、中高年には必修の学習である。質問も多く出て、身近な問題だと受講者の多くが感じていたようだった。

☆受講生の感想☆
・脳の仕組みがよく分かり大変良かった。
・大変分かりやすいお話でした。とても身近な話でもあったので、家族との話題にしてみようと思います。
・認知症の方と接触することがあった場合は、「認知症の対応」を思い出して会話したいと思います。





平成28年11月19日(共通の部) 
「再生エネルギーで世界進出-静脈産業-」
 講師:近藤 典彦 先生(会宝産業株式会社 代表取締役会長)

講座の様子講座の様子2
☆受講生の感想☆
・自動車リサイクル業と世界規模での環境問題などをリンクして捉えることのできる近藤氏の発想に驚かされました。
・ビジネスのエッセンスを教えていただいて、大変勉強になりました。ありがとうございました。
・大変良い刺激になりました。これから何かに挑戦して行きたいと思います。





平成28年11月7日(昼の部) 
「日本列島ここが真ん中の青山先生に学ぶ!だれでも作曲できる方法」
 講師:青山 幸司 先生(金城大学短期大学部 特任教授)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
  国立音楽大学を卒業されたのち、MRO北陸放送の「日本列島ここが真ん中」で、お迎えしたゲストと楽しい語りとピアノ演奏を放送し、さらに様々な社会活動を続けてこられた。これまでの活動でも、集まった人数や環境、背景、雰囲気に合わせて曲目を選び、演奏活動を進められ、また、語りと共に即興演奏を加えて彩りと楽しみを添えるよう工夫されたことを語られた。受講生には、主要三音をはじめ和音など、実際に演奏で解説された。

☆受講生の感想☆
・サイコロの目で曲が作れる楽しさを教えていただきました。
・「PCで作曲」を初めて目のあたりにして楽しかったです。
・作曲の勉強ができて幸せでした。懐かしい青山先生に会えてよかったです。





平成28年10月11日(昼の部) 
「健康への近道!?姿勢を見直そう!」
 講師:豊島 希依子 先生(優秀A級カイロプラクター)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
  一般的に、成人病と言われる病気は、脊柱骨の「歪み」に起因することが多い。すなわち、背骨の歪みは、その部分での神経や、リンパ腺等に大きな影響を及ぼし、姿勢の崩れ、痛み、あるいは、新陳代謝を悪化させ、ときには、むくみや循環不良を起こす原因になっている。これらの健康のための近道として、カイロ(Chiro=手)プラクティック(practic=技)がある。講義の後、簡単な背骨の歪みを「ほぐす」技法を学んだ。

☆受講生の感想☆
・直接体に触れる講義で良かった。体が軽くなりました。
・姿勢がこれほど健康と密接な関係があるとは思わなかった。気を付けて毎日を過ごそうと思いました。





平成28年9月9日(夜の部) 
「身土不二と旬 食の原点」
 講師:東 保之 先生(JA能美営農アドバイザー)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
 自分で野菜を作っているので関心を持って聞くことができました。その中で野菜ひとつとっても、色々なエピソードや旬等があることに驚きました。また、野菜だけでなく、食全体の見直し等も交えて食の奥深さを知ることができました。

☆受講生の感想☆
・食の原点を聞かせていただいたようで、大変参考になりました。
・わかりやすい内容の講義でした。食の安全や身土不二、旬等について、大変楽しく聞かせていただきました。





平成28年8月2日(昼の部) 
「味覚のふしぎ 好き嫌いのメカニズムを探る!」
 講師:海老原 充 先生(石川県立大学 准教授)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
 味覚とは「楽しさ」「喜び」等に結びつくものであり、味の種類には、甘味・酸味・塩味・苦味・旨味がある。味覚は舌のどの部分でも感じて、脳(大脳皮質味覚野)で味を識別している事を知りました。楽しい講座でした。

☆受講生の感想☆
・味覚が人によって違うと意識したことがなかった。大変興味深い内容でした。
・とてもおもしろかったです。好き嫌いが減らせるような気がしました。





平成28年7月26日(夜の部) 
「ビッグデータって何ができるの?」
 講師:武市 祥司 先生(金沢工業大学 教授)

 
講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
 大相撲に八百長があるのか?と、過去の取り組み勝敗からの事実から問題提起から始まり、野々市市が公開している施設位置情報や、市場での購買履歴から予測する販売促進戦略。気象、交通、航空、健康、農業など、日常のあらゆる分野で活用されている日本、世界のビックデータに基づくビジネスモデルに実践紹介を具体的な実例を交えて講演いただいた。

☆受講生の感想☆
・講義を受ける前は、ビッグデータって何?という感じでしたが、私たちの生活に密接なものもあり興味深かったです。
・普段、特に気にしないで多くの情報に囲まれていることが分かった。必要なものを選んでいくことが大切だと改めて思った。





平成28年7月12日(昼の部) 
「キリスト教美術に登場するマリア様の役割」
 講師:宮下 孝晴 先生(金沢大学 名誉教授)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
これまで何の勉強もせずに海外で美術館めぐりをしましたが、今日の宮下先生のお話を聞いて、何ともったいないことをしたのだろうと思いました。もっと早くにこの話を聞いて美術を鑑賞していたら、見方も変わっていたのだろうと残念でなりません。でも本当にわかりやすい内容で楽しく学べました。

☆受講生の感想☆
・今まで聞いたことのない話でした。非日常を感じました。やはり本物が見たくなりました。
・キリスト教の知識の無い私でも楽しくわかりやすかったです。





平成28年6月28日(昼の部) 
「人はなぜ本を読むのか」
 講師:高島 涼子 先生(元北陸学院短期大学ヘッセル記念図書館 館長)

講座の様子バッジ贈呈式
昼の部第1回の講座である本講座では、講座に先立ち昨年度に規定の単位を取得されたお二人へ記念品である「のっティのオリジナルピンバッジ」の贈呈式を行いました。いろんな場所で使ってくださいネ!

☆企画委員による講座記録☆
人は本を読むことで、時間・空間を超えて事象を知り、人と出会うことができる。充実感・達成感・充足感・満足を覚え、さらに言葉や文字として整理してたくわえられることで、納得・驚き・感動・感銘を得ることになる。特に古典を原点とするものの力は強い。本は自分の目で、頭で、心で、魂で読み判断することが大切だと読書の意義を教えられました。

☆受講生の感想☆
・読書の意味を考えさせられました。自分にとっての読書の在り方を見つめ直す機会になりました。
・「本を通して新しい世界が開ける」前向きな自分になれそうです。





平成28年6月18日(共通の部) 
「生きるということ-鈴木大拙に学ぶ」
 講師:木村 宣彰 先生(鈴木大拙館 館長)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
禅宗によく引用される言葉「日々是好日」を、坪内逍遥や西田幾太郎の著書からその解釈を述べられ、松尾芭蕉の「やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声」と締めくくられたのは、死を前提とした「無常」にも聞こえた。

☆受講生の感想☆
・今日の講義で鈴木大拙先生のあらかたの人物像を掴み、広い思想に触れた思いです。
・生き方をもう一度振り返り、考え直そうと思った。





平成28年6月15日(夜の部) 
「自分を知り人を知る!カラー心理で分かるタイプ別コミュニケーション講座」
 講師:永浜 景子 先生(NPO法人色彩生涯教育協会認定講師)

講座の様子講座の様子2
☆企画委員による講座記録☆
性格と色づかいの関係性について、わかりやすく説明されました。カラータイプによって行動が変わるのなら、TPOによって服装の色づかいを変えてみて、自分の行動や思考の変化を楽しんでみたいと思いました。

☆受講生の感想☆
・カラーで自分の性格が分かり、それが当てはまっていたので、とても勉強になりました。楽しい時間を過ごせました。
・色で考えの方向性が分かるということが面白い。



    
関連情報
 平成28年度ののいちコミュニティカレッジ

 ののいちコミュニティカレッジの足跡(過去の記録)
このページを印刷
 
ジャンル教育・文化・スポーツ
├教育委員会
├学校教育
│├小中学校
│└施設整備
├図書館
├生涯学習
│├生涯学習施設
│├サークル案内
│└イベント・教室
├文化・文化財
│├文化振興
│└文化財
└スポーツ
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の教育・文化・スポーツの中の生涯学習の中のイベント・教室からののいちコミュニティカレッジの記録
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.