本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の教育・文化・スポーツの中の生涯学習の中のイベント・教室から平成29年度(2017年)ののいちコミュニティカレッジの記録

平成29年度(2017年)ののいちコミュニティカレッジの記録

更新日: 2017年11月13日

ののいちコミュニティカレッジ(略してコミカレ)の実施記録です。
コミカレでは年間を通して通常の講座や公開講座・交流会などたくさんの講座を実施しています!
このページでは、その様子をご紹介します★

カメラ

ライン



 

平成29年6月11日(共通講座 第1回) 
レコードジャングル店主「アナログレコードの楽しみ」
 講師:中村 政利先生(レコードジャングル 店主)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
アナログレコードにはLP、EP、そしてSP盤のように、数種類のものがある。
どんな盤でも、その盤の平面状態を保つことが重要であり、炎天下では曲がる(反る)が、直すことができない。従って、ボイラーや暖房機のような機器の傍での保管は避ける。また、盤面をきれいにすることによって、清純な音色を楽しむことができる。

☆受講生の感想☆
・リーズナブルなプレーヤがあることが分かってうれしい。
・懐かしいレコードが聴けて良かった。
・レコードを手放したことを後悔した。


平成29年7月12日(夜の部 第1回) 
「シェアするってなに? 情報共有と情報発信について」
 講師:村本 和賀南先生(ホロデックス・コンサルタント)

コミカレの様子コミカレの様子

☆受講生の感想☆
・難しかったが、考えさせられた講義だった。ITに対して、できないではなくてチャレンジすべきだとつくづく思った。
・少々レベルが高いと思いましたが、目標が上のほうにあるほうが勉強しがいがあって良い。
・わかりやすく説明してもらいました。


 

平成29年7月25日(昼の部 第1回) 
「今すぐできる健康法”スモールチェンジ活動”のススメ」
 講師:垣花 渉先生(石川県立看護大学)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
今すぐできる健康法”スモールチェンジ活動”について学んだ。
すなわち、身近な行動から始め、できる、続けられる、続けられたらレベルを少し上げる、その簡単な、日常やっている活動を続けることによって、自身が持てる(達成感)、もう少しやろう(自己肯定感)に繋がる(身体活動の分類を「メッツ」という単位で表現)。

☆受講生の感想☆
・大変良いお話でした。具体的にわかりやすく、少しずつならチャレンジして行けそうだと思いました。やはり意識を少し変えるだけで、いずれ大きく変わって健康になれるのだと感じました。
・わかりやすく、本当に日ごろできることからチャレンジして続けることが大切だとよくわかりました。なにもスポーツジム等に行かなくても、毎日の生活から始めることにしましょう。
・無理なくできる健康法を学びましたが、今までやってきたことに自信が持て、続けて行おうと意識づけられました。


 

平成29年8月8日(夜の部 第2回) 
「蹴鞠ってなーに? 蹴鞠への招待」
 講師:村戸 弥生先生(金沢美術工芸大学)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
蹴鞠の起源は中国、日本には大化の改新頃に伝わったようです。
当初はもっぱら公家の遊戯でしたが、室町から戦国時代には武家もたしなむようになり、江戸時代には一般庶民にも広く親しまれるようになりました。
明治以降は次第に廃れ、現在は保存会が細々と伝えている状況です。蹴鞠は鹿皮で作った鞠(直径20cm程度、重さ100gから150g)を8人で右足だけを使って蹴り、地面に落とさないように何度蹴れたかを楽しむものです。蹴鞠を行う鞠庭は、広さ9から15m平方、庭の隅から2mの所に、北西に松、北東に桜、南東に柳、南西に楓(中国の星宿思想を反映した)を配した、水はけの良いものですが、現在このような正統な鞠庭は日本に存在しないとのことです。
日ごろ忘れている優雅な世界を垣間見せていただくような講座でした。



平成29年8月29日(昼の部 第2回) 
「フィリピン レイテ島タバンゴ町 災害からの復興支援」
 講師:赤坂 友紀先生(国際協力団体ブルー・ドット代表)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
第二次世界大戦中、レイテ島は激戦地でもあった。
2013年11月には史上最大とも言われる台風にも襲われたが、現地の人々は明るく振る舞っている。どんな環境であっても「笑顔」である。貧困な生活であるが、協力的であり、建設的なカソリックである。日比の架け橋として、皆が幸せになる世界を創成したい。

☆受講生の感想☆
・色々かしこく生きる道を教えて下さり、ありがとうございました。すごいたくましくて、すばらしい女性にありがとう。元気でがんばってください、応援します。
・フィリピンの現状を話していただき、わかりやすい話でした。実体験で元気になられた講師の頑張りが良かった。これからも交流活動、支援がんばってください。
・奇跡のバナナを食べてみたくなりました。





平成29年9月12日(昼の部 第3回) 
「美しいものはなぜ美しい? より深い絵画鑑賞」
 講師:田中 吉史先生(金沢工業大学)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
絵画鑑賞においては、その絵に何が描かれているかに拘泥する。しかし一つの作品には様々な情報が含まれている。それは「快さ」でもあるが、単に作品のメッセージを受け取るものでもない。鑑賞する人が、「意味」を発見し自由に見ることによって、自分自身の「美」を求めることに意義がある。

☆受講生の感想☆
・これから絵画鑑賞をするときには、想像力と創造力を駆使して、自分にとっての意味を見つけようと思った。
・認知心理学という初めて聞く分野のお話でした。興味深いお話で、絵画を鑑賞するうえで、また別の見方で見られる気がした。
・美術鑑賞というのは奥が深いということをしみじみと感じました。芸術作品の鑑賞は「正解」があるわけではない。見る人がいろいろな発見をするということがわかりました。とても勉強になりました。




平成29年9月29日(夜の部 第3回) 
「白峰の里山から考える地域の可能性」
 講師:市原 あかね先生(金沢大学)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
白峰を参考に野々市の資源、環境、エネルギーについて考えてみる。
その際に、これから野々市が目指すべき目標を設定する必要がある。都市化を目指すのか、もしくは田園もあるような穏やかな地域を目指すのか。そして地球温暖化に対応しつつ、発展させていく方法を模索する。
地球温暖化に関連して、食料の大半を輸入しているため、間接的にではあるが、日本も「水ストレス」に対面するといわれている。



 

平成29年10月11日(夜の部 第4回) 
「地域ブランドを活用した地域経済の活性化に向けて」
 講師:山下 良平先生(石川県立大学)

コミカレの様子コミカレの様子

☆受講生の感想☆
・改めて野々市市を考えさせられた。
・PB(プライベートブランド)とNB(ナショナルブランド)の考え方。
・野々市について考えながら講義が聞けて、興味が、今回は特に際立っていました。時間が経つのが非常に早く感じ、良かった。




平成29年10月26日(昼の部 第4回) 
「万葉集の魅力と能登の歌」
 講師:坂本 信幸先生(高岡市万葉歴史館)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
「万葉集」って何?知らない人が多いのに驚きです。
若い人は「名前は知っているが、何が書いてあるのか内容も知らない」人が殆どだということです。私自身も名前は知っていましたが、実際に中身を見たこともないし、百人一首はこの中から選んだのかナ?と思っていたくらいです。
「万葉集の魅力と能登の歌」、これは万葉集を身近に理解できる、と楽しみに受講を申し込みました。
坂本信幸館長のわかりやすく、時々ユーモアを交えた解説に、ついつい引き込まれた程で、大変楽しく聴講できました。途中ビデオを使っての解説、檀ふみさんが歌を歌って何回も繰り返して読み上げる効果は良かった。内容は「万葉集」とは?7世紀後半から8世紀後半にかけて、わが国最古の歌集である。全20巻からなり約4,500首が収められ、作者も天皇から農民と幅広く、又詠まれた土地も東北から九州まで各地に及ぶとか。
実質、万葉時代は約130年間(629年から759年)といえる。
「万葉集」の命名は三説程あるといわれているが、一人の編者によってまとめられたものでなく、何人かの編者の手が加わり、最終的に大伴家持によって20巻にまとめられたと考えられる。
「万葉集」の内容は、「雑歌」「相聞」「挽歌」に分けられ、これを「三大部立」という。
「雑歌」とは、いろいろな内容の歌が詠まれている。(宮廷歌、旅の歌、四季の歌等)
「相聞」とは、主に男女の恋愛の歌を中心に心のうちの思いを述べる内容。
「挽歌」とは、人を葬る際に柩を挽くものが謡う歌を意味する。どちらかといえば、悲しい、寂しい歌が多い。
一つ一つ解説していただいたが、百人一首で見た歌が出てきたら、何故かしらホッとしたのは私だけだったのかナ?
平成21年1月1日、NHK-BS放送で「万葉集ベスト10」の歌は、よく知らない私でもよい歌だナ、と感じました。
時間が無くなり、「能登方面の万葉歌」は少し早目の解説だったので、内容を理解できなくて、勿体ないナ、と感じました。
講師も良かったし、内容も大変良かったので機会があれば、もう一度じっくりと時間をかけて受講したいです。
本当にありがとうございました。

☆受講生の感想☆
・ひととき、いにしえの時に思いをはせ、とても良い時間を過ごしました。
・久しぶりに万葉集に触れ、また、能登の古里に思いをはせ、感慨深いものがありました。ありがとうございました。
・非常にわかりやすく、しっかりした資料を用意してくださって感謝です。再度お聞きする機会があればと願っています。


 

平成29年11月7日(昼の部 第5回) 
「おいしいコーヒーの淹れ方、豆知識」
 講師:山本 裕子先生(山本珈琲)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
(小春日和の爽やかな午後のひととき。オープンしたてのカレードにて)。
山本珈琲店主自らが淹れてくれたエチオピア産ナンバーワンコーヒーの味と香りを楽しみながら、終始リラックス気分で受講することができました。
また、受講者からは質問が飛び交い、その一つ一つに山本店主が笑顔で丁寧に答えて下さるのが印象的でした。
以下が、山本店主からお聴きした学びの内容です。

1.コーヒーブームの再来
 第一のブーム・・・1970年代から1980年代(喫茶店ブーム・・・街中や郊外に喫茶店が点在)。
 第二のブーム・・・1990年代後半、アメリカからスターバックスやタリーズの日本進出(チェーン店が急速に拡大)。
 第三のブーム・・・近年、スペシャルティコーヒーの専門店が全国各地に出店。

 ★スペシャルティコーヒーとは、香り・酸味・風味・甘さ等に判定基準があり、80点以上(100点満点)の評価を得たものに限られる。

2.ドリップで淹れる際の注意点
 お湯は一旦沸騰させるものの、コーヒーポットに移し替えるなどして、90℃程度に冷ましたものを用いる
 お湯はドリッパーに入れたコーヒーの中心部分に「の」の字を描く

☆受講生の感想☆
・コーヒーの深ーい話をお聞きしてとても良かったです。あまりわかっていないのにコーヒーを飲んでいたのだなと思いました。おいしいコーヒーをいただきましてありがとうございました。
・コーヒーの香りと昔のコーヒーショップのたたずまいの思い出で、楽しい時間を過ごせました。
・毎日コーヒーを飲むので、とても参考になりました。楽しく学ぶことができました。ありがとうございました。


 

平成29年11月16日(夜の部 第5回) 
「椿茶開発秘話、健康効果」
 講師:西本 壮吾先生(石川県立大学)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
西本先生は石川県立大学に赴任されたときに、地元に役立つこと、病気になる前から対策していきたいということから、地元のものを使った健康効果のあるものを研究しようということで、「ヤブツバキ」に注目してみた。
すると、花に関する文献は多かったが、葉に関する文献はほとんど無かった。そこで葉の抽出液を使って実験を行ったところ、中身がスカスカになった骨が復活するなどの効果が見られた。つまり、葉の抽出液=お茶として日ごろから飲むことで、骨が丈夫になると考えられる。
お茶としての実用化を目指し、市で試飲会を行ったり全国椿サミットの時に椿茶試飲コーナーを設け、飲みやすさなどの意見をいただいた。
今後は市販化に向け、価格や原料供給、安全性などの問題、およびヒトでも実験と同じ効果が得られるのかを研究していくそうで、今後の研究成果に期待したい。

なお、一般に植わっている椿には防虫剤や農薬が使われていることが多く、椿茶にするとそれらの薬がお茶と一緒に出てきて危険だそうで、研究や試飲に使用した椿は無農薬など品質管理の徹底されたものを使用しているとのこと。


☆受講生の感想☆
・そんなに良いお茶が市販されたらうれしいです。飲みたいです。
・新しい商品開発の難しさが少し理解できたと思います。ありがとうございます。
・新しいカレードで行われ、新鮮な気持ちで受講しました。楽しくわかりやすく学ばせていただきました。


平成30年1月13日(共通講座 第2回) 
「漢方入門」
 講師:髙田 利佳先生(薬膳・漢方茶 葵屋)



☆企画委員による講座記録☆
漢方入門、「冬の漢方講座」と聞いた時は、漢方薬?中国の薬?即効性の無い、気長に飲まないと効き目が表れない?等のイメージしか持たないで講座を受講しました。
当日は、今冬で最も最悪の日、積雪50cmにも及ぶ大雪、しかも足元も悪く交通機関もマヒ状態。5、6人くらいだったらどうしよう。講師の方も来られるんだろうかと心配しつつ、カレードに着いてびっくり。なんと講師はもとより受講される会員の方々が27名参加しているではありませんか。やはり漢方に興味、関心があるのだナ!と驚いたのと会員の皆様の熱心さに、敬意を表したいと思いました。

さて、「漢方とは?」・・・辞書で調べてみたら、西洋医学に対して、古く中国から伝わり日本で発達した医術。と書いてありました。中国が発祥で、その物自体が日本に入ってきたのかと思っていました。
先生は、中医学(中国伝統医学)が基になっている医学、とのこと。中医学って?、東洋医学の一つであり、日本流にアレンジしたのが「漢方」で日本だけの呼び名だそうです。
中医学と西洋医学の違いは?
中医学・・・身体を一つのまとまりとして考え、身体全体のバランスを整えて
       いく(気の流れ)ことを重視する。
西洋医学・・・局所を集中して検査・治療する。

天人合一
 自然界で起きることは、人間の体内でも起きますよ。
 人間と自然の関わりを重視。自然界を宇宙とし、人間を小宇宙ととらえる。

ここまでは難しくて理解するのに苦労しましたが、以後は少し楽に聴くことができました。

冬の過ごし方
 冬は動植物が冬眠状態になります。人間も冬は身体を休ませてあげましょう。
 冬の過ごし方によって春の状態が決まります。冬のダイエットは控えましょう。
 ダイエットは春になってから。冬に影響を受ける臓器は「腎(じん)」。腎は寒い
 のが苦手。身体が冷えていると働きが鈍くなります。
 特に腰回りは冷やさないこと。

「腎(じん)」の働き
 1.成長・発育・生殖・・・これらは「腎の精気」によってきまります。
  精気とは、人体を構成する基本物質で、生命エネルギーをさします。
  精気には「先天の精」と「後天の精」があります。
  先天の精・・・両親から受け継がれたもの
  後天の精・・・生まれたから体内に取り入れた飲食物や空気

  腎の精気が不足すると、子供の成長は遅れ、歩き始めが遅い等
  大人は、不妊・精子トラブル、早老、月経トラブル等
  思春期にたくさん栄養を取ること。精気が減っていく、これが老化です。

 2.水液代謝・・・尿を作って排泄します。

 3.呼吸・・・吸うとき苦しいと「腎が悪い」。吐くとき苦しいと「肺が悪い」。

 4.骨や脳を作る
  ※耳鳴りがしたり、難聴、白髪、抜け毛になるのも「腎」が弱っている。


腎を助ける食材および身体を温める食材
◎身体を温める食材
 ねぎ、ニラ、生姜、にんにく、紫蘇、よもぎ、クルミ、栗、黒砂糖、海老、鮭
 サバ、鶏肉、羊肉
 でも、一番身体を温めてくれるのは犬の肉

◎腎を補う食材  ※黒い食材が良い
 黒豆、黒ごま、黒きくらげ、昆布、わかめ等の海藻、栗、クルミ、クコの実
 ニラ、ブロッコリー、山芋、豚肉、ウナギ、海老、イカ、鶏卵等

◎肺に良い食材  ※白い食材が良い
 山芋、蓮根、法蓮草、アーモンド、無花果、みかん、バナナ、林檎、なし、柿
 豚肉、鶏卵等
 ※特に百合根が良いとのこと。
 ○「肺」「腎」にも良いのが山芋と肉。肺の弱い方は顔が白い

冬に気を付けたいこと
1.睡眠
 早く寝て、朝は少しゆっくり起きる
 眠っている間に身体は、細胞の修復、血を作る、内臓を休ませている。

2.運動
 ストレッチ等で身体を伸ばす。激しい運動はしない。

3.冷たいものは摂らない
 身体を温めるようにしていきましょう。常温または体温以上のものを身体に
 入れる。足湯は45℃から48℃
 必ず湯舟につかる。シャワーだけで終わらないこと。冷たいものを食べた後
 シメに熱いお茶、味噌汁を飲む。

その後、体質チェック表で各自チェックし、8つのタイプに一喜一憂。
最後に6種類の入った薬膳茶(健康茶)をいただいた。
※寒いときに暖かいものを食べる。おなかの調子が悪いときにおかゆを食べる
 これを薬膳という。

※「医食同源」・・・食間違えば病気発す 病発してもその食を正せば
            その病癒える すなわち医食同源なり

※ヒポクラテス・・・「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」

少し理解できなかったところもあったけど、今回は「漢方入門」の講座なので
良かったし、参加者全員満足されたようでした。


☆受講生の感想☆
・医師の説明より理解できた
・若いころに少し勉強したことがあり、思い出していました。
・大変身に付く講座で、漢方に関心を一層もちました。
・とても良い講座で勉強になりました。腎臓がこれほど多くの働きと影響があるとは思いませんでした。大事にしようと思いました。



平成30年1月20日(公開講座) 
カレードの「見える魅力」「かくれた魅力」「本当の魅力」
 講師:益子 一彦先生(株式会社三上建築事務所 代表取締役所長)
     野田 幸子先生(株式会社図書館総合研究所 取締役)

コミカレの様子コミカレの様子

☆企画委員による講座記録☆
1.見える魅力(かくれた魅力)
 (1)野々市小学校から一本道でつながっている
 (2)住宅の軒並みと向き合っている
 (3)屋根は高いところで約10m、総面積は約5,000平方メートルあり、複雑な形状
 (4)その複雑さにより、季節や天候によって表情を変える
 (5)図書館だけでなく、市民学習センターも併設されている
 (6)中央にはブックタワーがある
 (7)直射日光が入ってはいけないのが図書館であるが、ここでは1階の南側と
   2階に陽当たりの良い場所がある。
 (8)建物の敷物、壁面等は寸、尺で設計されている。(例:壁面1.8m=1間
   タイル辺の長さ45cm)
 (9)南側と北側で、有色の差をつけている。
 (10)椅子は世界(例:日本(天童)、デンマーク(ラムホルツ))から集めている

2.持続する魅力
 (1)特に、米林宏昌氏の10歳の時に制作された絵画
   幸福の意味を見直す
 (2)管理のためのICT
   -1.現在のところ、安城市立図書館に次いで、本市にしか存在しない
   -2.dマガジン 現在のところ、図書館で採用されているのは野々市市のみ
   -3.学習と座席管理システム

3.本当の魅力
 上記のような建物構造の特徴、採光性、室内の構造、そして管理システム
 等々を活用し、利用する皆によって「本当の魅力」を育て、価値ある「本当の
 魅力」が引き出され、形成されるものと考える


☆受講生の感想☆
・尺貫法で出来ているのにはびっくりした
・細部に渡り設備等のお話がとてもわかりやすく、知らないときよりもカレードに愛着がわきました。椅子一つに関しても世界中から取り寄せていて、思いがあって設計されているということがわかりました。
・カレードが素晴らしい場所であるということがよく理解できました。




 


関連情報
 平成29年度ののいちコミュニティカレッジ

 ののいちコミュニティカレッジの足跡(過去の記録)
このページを印刷
 
ジャンル教育・文化・スポーツ
├教育委員会
├学校教育
│├小中学校
│└施設整備
├図書館
├生涯学習
│├生涯学習施設
│├サークル案内
│└イベント・教室
├文化・文化財
│├文化振興
│└文化財
└スポーツ
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の教育・文化・スポーツの中の生涯学習の中のイベント・教室から平成29年度(2017年)ののいちコミュニティカレッジの記録
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.