本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeign language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
暮らしの手続き健康・福祉・子育て住まいと環境産業・観光・交流教育・文化・スポーツ
現在位置:HOMEの中の暮らしの手続きの中の税金の中の固定資産税から固定資産評価審査委員会

固定資産評価審査委員会

更新日: 2012年4月3日
連絡先

固定資産評価審査委員会とは

地方税法に基づき、固定資産課税台帳に登録されている、税額の基礎となる固定資産評価額は、市長によって決定され課税計算されることとなりますが、この決定された「価格」に不服がある場合は固定資産評価審査委員会に審査の申出を行うことができます。
審査申出ができる事項は「価格」に限られますが、「価格」以外の項目に対しては、行政不服審査法に規定されている「審査要求」、「異議申し立て」によって救済が図られています。
固定資産評価審査委員会は、独立した第三者的な立場で、市長が決定した固定資産の価格が総務省の示している固定資産評価規準に基づき適正に決定されているかどうかを審査する機関です。「価格」のどういった点に不服があるのかを中心に審査を行います。

審査の申出を行う場合

事務局に備えている申出書によって審査申出を行ってください。評価替えまたは新たに価格を決定した最初の年度のみ、固定資産評価審査の審査を申出することができます。ただし以下の場合には、第2年度・第3年度においても審査の申出ができます。

    • 地目変更・地価の下落修正があった土地
    • 新築または増築のためその年度から初めて課税される家屋
    • 償却資産(基準年度が存在しないため)

審査申出ができる期間

  • 固定資産課税台帳の縦覧期間の初日から納税通知書を受け取った日後60日まで
  • 縦覧後に決定された価格については、決定通知を受け取った日から60日以内と定められています。

なお、審査の結果、固定資産評価規準に基づく適正な「価格」が市長の決定した「価格」を上回る場合でも、固定資産の「価格」を上げる決定は行いません。

委員の選任・定数・任期

委員は、市の住民・市税の納税義務がある者または固定資産の評価について学識経験を有する者の中から市議会の同意を得て市長が選任します。
委員の定数は市税条例で3人、任期は地方税法で3年と定められています。

関連情報
 固定資産税についての解説
このページを印刷
ジャンル暮らしの手続き
├戸籍・住民登録・印鑑証明
│├戸籍
│├住民登録
│├印鑑証明
│└外国人登録
├年金
├長寿医療制度
├国民健康保険
└税金
 ├市県民税(個人市県民税・法人市民税)
 ├固定資産税
 ├軽自動車ほか
 └納税・税証明
このページの情報は役に立ちましたか?



 
 
現在位置:HOMEの中の暮らしの手続きの中の税金の中の固定資産税から固定資産評価審査委員会
リンク・著作権プライバシーポリシーウェブアクセシビリティ方針
前のページへページトップへ
 

野々市市役所 〒921-8510 石川県野々市市三納1丁目1番地 電話番号 076-227-6000(代表)
窓口業務時間 8時30分から17時15分(市民課一部業務は17時45分まで) 庁舎のご案内

Copyright(C) 2009 NONOICHI CITY All Rights Reserved.