本文へジャンプ
石川県野々市市 
ホームへForeige language文字のサイズ変更
文字を拡大する標準の大きさに戻す文字を縮小する
ホームページの使い方サイトマップよくある質問ご意見・お問い合わせ
現在位置:HOMEの中のののいち探検隊の中ののっティ☆マシンでいく歴史の旅の中の縄文~平安から白鳳時代の大寺院 末松廃寺

ホーム縄文~平安鎌倉~江戸明治~平成暮らし
 
 白鳳(はくほう)時代の大寺院 末松廃寺(すえまつはいじ)  
 

末松廃寺は、今から、1350年前の白鳳時代に建てられた古いお寺です。この末松にあったお寺は、いまはもうなくなって名前もわからないことから末松廃寺と呼ばれています。

末松ではむかしから、「カラト石」と呼ばれる大きな石が田んぼの中にあり、まわりから瓦や土器などがたくさん出ていたので、江戸時代からお寺の跡(あと)であることがわかっていました。「カラト石」は、塔の中心にある心柱(しんばしら)を支えた石で、とても大きいことから、塔は七重塔(ななじゅうのとう)と考えられています。

末松廃寺を建てた豪族(ごうぞく)は、加賀地域の北側を治めていた「道君(みちのきみ)」とされていますが、末松廃寺の瓦は、現在の能美市で作られていたことなどから、この地域の「財部造(たからべのみやつこ)」という豪族も加わっていたことが考えられています。

この時代のお寺は、今のように誰でもおまいりにいけるようなところではなく、このお寺を建てた力のある豪族の人々だけがおまいりできるところでした。

とても重要な遺跡(いせき)であるため、遺跡の場所は1937年[昭和12]に国の史跡(しせき)となり、現在は、「カラト石」が見学できる桜のきれいな公園になっています。

※白鳳時代は大化の改新[645年]から都(みやこ)が奈良(なら)にうつるまで[710年]の間のことで飛鳥(あすか)時代に含まれます。

 
 

末松廃寺の復元模型(ふくげんもけい)
北からみた末松廃寺です。七重塔の高さは56mほどと推定されています。

 

軒先の瓦
ハスの花をかたどった文様(もんよう)です。

 
  もどる
関連リンク:末松廃寺跡
 
  
インターネットの使い方サイトマップ
問い合わせ文化課まえのページへページトップへ