ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

DK art café

ページ番号:0018568印刷用ページを表示する更新日:2020年3月24日更新 <外部リンク>

イベントの写真


商店街の活性化を目指しながら日々学ぶ

 

「DK art café」は、金沢市の竪町商店街を活性化しようと金沢工業大学松林研究室の研究施設として誕生しました。

 

「金沢にまったく新しいカタチのカフェ」として、カフェの内装は世界的なデジタルアーティスト長谷川章さんが発明した空間に掛ける「掛け軸」(DKの意味)で彩られています。

 

デジタル掛け軸によって時間と空間の束縛から開放された「第4の空間」です。

 

商店街を活性化するために、どうやって人を呼び寄せるかを考え、カフェは意図的に竪町の一番「隅っこ」につくったそう。

 

そして、立ち上げから半年で松林研究室と合体してプロジェクト化され、カフェの運営や、イベントの企画運営をしながら、「経営」を現場で学ぶことができる場所となっています。

 

「経営学」と「地域活性」を軸に、市と連携したイベントを実施したり、民間企業と連携して映像系のイベントをしたり。

 

活動の幅がどんどん広がっているDK art café 。

野々市市とも連携し、じょんからまつりにて子ども向けの映像系のイベントを行ったこともあります。

 

 

出店の写真人の写真

地方を盛り上げる大学生のチカラ

 

3年間プロジェクトに携わっている現リーダーの澤田さんは、竪町で開催された「カラーロード」というイベントの企画運営が一番印象に残っていると語ります。

 

「まちを人で彩る」というコンセプト。

 

普段、竪町に来ないような方々、いろんな世代の方々が来場してくれて、「今の竪町」を市民に見せることができたことが嬉しかった、と澤田さん。

 

子どもが参加できるように企画を工夫しながら、参画団体や、商店街などの関係者の統括リーダーを務めたことは、決して簡単なものではなかったけど、やりがいがあり面白かった!と話す若い目は、達成感に満ち溢れています。

 

 

その他、「食で世界を変える」という志を抱いた先輩が、子どもや女性にも食べやすい甘いカレーを企業と開発し、現在では商品化されたものが販売されています。

 

手作りのポータブル屋台で県内のイベントなどに参画していますよ。

 

地方を盛り上げるための清々しいほどの行動力!大学生による地方創生。

このイズムが引き継がれていく未来は明るいですね。

 

 

主な活動内容

●DK art café 運営 ●イベント運営

 

団体プロフィール

●リーダー:澤田翔吾

●お問合せ

【Tel】 090-9440-7799

【E-mail】 info(a)dkartcafe.com

※迷惑メール防止のため、(a)になっております。送信する際は、@に変換をお願い致します。

リンク<外部リンク>


マーク 【ライター:高橋 美乃梨/撮影:川崎 麻美】

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?