ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > ワクチン接種等に関する市長メッセージ(8月3日付)

ワクチン接種等に関する市長メッセージ(8月3日付)

ページ番号:0041363印刷用ページを表示する更新日:2022年8月3日更新 <外部リンク>

粟市長から市民の皆さまへのメッセージ

 

 現在、新型コロナウイルスの新規感染者が全国的に急拡大し、県内には「感染拡大警報」が発出されています。 新規感染者数が過去最多を更新する日も増え、特に12歳未満のお子様と30代の親世代を中心とした若年層及び現役世代の感染者が多数を占める状況となっています。

 新型コロナワクチンに関しては、インターネットやSNSなどで様々な情報があふれていますが、発信元が不明なものや科学的根拠がはっきりとしていない不正確な情報もあることから、できるだけ公的機関からの情報を確認していただきたいと思います。

 高齢者などを対象としていた4回目接種ですが、急速な感染拡大を受け、医療機関や高齢者施設などの従事者の方も対象に追加されました。

 また、3回目接種を受けることについて、副反応などを心配され、本当に必要なのか、予防効果はあるのかといった疑問を持つ方も多いと聞いております。3回目接種を終えた方の感染リスクは、2回接種の方と比較して、3分の1程度に低減され、また、重症化予防の効果が一定期間継続して認められることが確認されています。

 野々市市では、4回目の集団接種会場においても、3回目接種を受けていただけることといたしました。接種を希望される方は、市ワクチンコールセンター(0120-659-910)もしくは予約専用Webサイトから、お早めにご予約いただきたいと思います。

 引き続き、皆様には、これまでお願いしてきました3密を避けるなど、基本的な感染防止対策をはじめ可能な限りの対応を是非お願いいたします。

 次に、特殊詐欺被害についてお話させていただきます。県内の今年上半期の特殊詐欺件数は、昨年と比べ約3倍に増えており、野々市市でも被害が報告されています。

 市役所や金融機関の職員が、電話で「お金が戻ってくるので、ATMに行くように」などとお願いすることは絶対にありません。このような電話がかかってきても相手にせず、すぐに電話を切ってください。

 また、特殊詐欺被害を未然に防止するため、着信時に警告メッセージを流し、通話内容を自動的に録音できる電話機などの活用もご検討ください。野々市市では、このような電話機など、特殊詐欺被害防止用の機器を購入された方を対象に、今年の7月から補助金の交付を始めました。申請方法や対象者など、詳しくは、概要欄にリンクを貼っておきますので、ご覧いただきたいと思います。

 ぜひ、日ごろから、ご家族とも特殊詐欺について話題にしていただき、絶対に詐欺被害にあわないよう、引き続きご注意いただきたいと思います。

 まだまだ厳しい暑さが続きます。熱中症にも十分お気をつけいただき、暑い夏をのりきっていただきたいと思います。どうぞご自愛ください。以上よろしくお願いいたします。

 

令和4年8月3日

野々市市長 粟  貴章

 

 

関連リンク

 3回目接種の予約方法などについて

 4回目接種について

 特殊詐欺被害防止対策機器購入補助金について