ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナワクチン特設サイト

新型コロナワクチンの接種について

ページ番号:0028566印刷用ページを表示する更新日:2022年6月17日更新 <外部リンク>

最新情報を抜粋して掲載しています。

4回目接種の実施

対象者 新型コロナウイルスワクチン3回目接種から5か月以上経過した(1)または(2)の人

1)60歳以上の人

2)18~59歳で基礎疾患のある人、その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める人

接種方法  医療機関接種、集団接種

使用ワクチン  ファイザー社製または武田モデルナ社製ワクチン

5月27日(金曜日)から接種券を順次発送しています。

詳細は、こちらのページを見てください。

 

12歳から17歳の追加(3回目)接種

対象者            接種日時点で12歳から17歳の市民

使用ワクチン    ファイザー社ワクチン

接種券発送日  令和4年4月7日(木曜日)

※令和3年11月2日までに2回目接種を完了した12歳から17歳の方に接種券を送付(以降、2回目接種完了日に応じて毎週発送予定)

接種場所              市内医療機関


予約方法など詳細は、こちらのページを見てください。

 

電子版のワクチン接種証明書 発行時のエラーについて

専用アプリ(接種証明アプリ)へのアクセスが集中すると、「接種回数0回」やエラーコード:69900、エラーコード:90010が表示される事象が確認されています。
この場合は、しばらく時間を空けて、もう一度お試しください。
ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録が登録されていない場合は「接種記録が見つかりません」と表示されます。

 

新型コロナワクチン接種証明書のデジタル化

12月20日から、新型コロナワクチン接種証明書(電子版)の発行が開始されます。

スマートフォンの専用アプリから申請・発行することで、紙の接種証明書と同様の内容がスマートフォンの画面上で確認できます。また同日から、海外用接種証明書に加えて日本国内用の接種証明書も発行が可能となります。

取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。

新型コロナワクチン接種証明書は、予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、被接種者からの申請に基づき交付するものです。

日本国内では、接種時に発行している「接種済証」、「接種記録書」も証明書類として利用できます。

接種証明書は、紙で発行されるものと、スマートフォンの専用アプリ上で発行されるもの(電子版)の2通りがあります。

 

詳細は新型コロナワクチン接種証明書の発行をご覧ください。