ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民協働課 > 契約はよく理解して慎重に!

契約はよく理解して慎重に!

ページ番号:0001669 印刷用ページを表示する 更新日:2020年4月21日更新 <外部リンク>

契約は、当事者間の合意で成立し、かつ法的な責任・義務・債務が生じます。
双方の意思表示(申し込み・承諾)の合致があれば、口約束でも契約は成り立ちます。
自分の自由意志で自主的に判断、締結した契約は例外を除き守らなければなりません。

だまされやすさ心理チェック

あてはまる項目はどれですか

(1)自分のまわりにはあまり悪い人はいないと思う ( )
(2)相手に悪いので人の話を一生懸命聞くほうだ ( )
(3)たまたま運の悪い人がトラブルにあうのだと思う ( )
(4)知人から「効いた」「良かった」と聞くと、やってみようと思う ( )
(5)有名人や肩書きのある人の言うことはつい信用してしまう ( )
(6)人からすすめられると断れない方だ ( )
(7)迷惑をかけたくないので家族にも黙っていることがある ( )
(8)実際、身近に相談できる人があまりいない ( )
(9)しっかり者だと思われたい ( )
合計

心理チェックの結果は一番下にあります。

訪問販売

訪問販売は、(1)突然自宅に販売員が来た、(2)街でアンケートとして呼び止められた、(3)電話で呼び出された等あり、強引な勧誘や長時間に及ぶ勧誘など問題になるケースが多くあります。

野々市市ではこんな相談ありました!(相談当時は野々市町)

  • 突然、水道の点検と言って作業員が自宅を訪れた。「水が汚れており体に悪い」と言われ、浄水器と水道管にフィルターを付ける契約をした。
  • 電話で「いい話がある」と知らない人から呼び出され、会員権の契約をした。

対処法

突然の訪問者や、知らない異性からの電話には気をつける。

クーリング・オフできます。

ネットショッピング、オークション

手軽さから急速に普及しているネットショッピングやオークションでのトラブルが増えています。
相手の顔が見えず、気軽にやりとりができることからトラブルになる可能性が高まります。
利用する場合は十分に注意してください。

野々市市ではこんな相談ありました!(相談当時は野々市町)

ネットオークションで落札し代金も支払ったが、品物が届かず出品者とも連絡が取れなくなった。

対処法

代金を支払う前に、取引相手の住所や固定電話番号を聞き、実在するかどうかを確認しましょう。
「商品が届かない」というトラブルを避けるため、各社が提供している代行サービス(※)を利用しましょう。

※出品者と落札者の間に業者が入り、落札者から購入代金を預かり、落札者に商品が到着したことを確認したうえで、出品者に購入代金を送金します。そのため、代金が支払われない、商品が届かないなどのトラブルを防ぐことができます。オークションサイトの代行サービスなどを確認しましょう。

クーリング・オフできません。

マルチ商法

「いい儲け話がある。誰でもできる。」などと誘い、商品・サービスの販売組織に勧誘します。
入会金を支払い商品を購入して会員になり、商品を売るとバックマージンが入る仕組みですが儲かるのは上位の一部の人間だけです。
また、無理な販売や勧誘で友達を失うなど人間関係を壊す危険性があります。

野々市市ではこんな相談ありました!(相談当時は野々市町)

20歳以上の人を誘って毛皮の展示会に来るよう誘われた。行ってみると毛皮を買って会員になり、ほかの人を誘えば仲介料が入ると言われた。

対処法

実際に儲かるのは上位者だけ。
儲けがなくても、買った商品とローンが残る。
被害者になるだけでなく加害者になる可能性もある。と心得る。

クーリング・オフできます。

資格商法

「資格を取れば役に立つ、資格が取れるまで面倒を見る」などと言って勧誘し、高い教材を購入させます。
さらに、過去の契約を持ち出して新たな契約を迫る二次被害も発生しています。

対処法

口頭でも契約は成立します!相手はセールストークのプロ、巧みな話術に乗せられないで!
「結構です」「はいはい」は禁句。契約の意思がないなら、はっきり「いりません」と断りましょう。

クーリング・オフできます。

トラブルに遭わないための5カ条

  • うまい話やしつこい勧誘、見知らぬ人の急接近には要注意!
  • いらないときは、はっきり「No!」
  • 個人情報(電話番号、住所、メールアドレス、学校、家族構成など)は安易に教えない。
  • クレジット契約は最後まで払えるか慎重に!
  • 不安に思ったら、親や友人、相談窓口にすぐ相談!

消費生活相談窓口

野々市市消費生活センター 電話番号 (076)227-6054
石川県消費生活支援センター 電話番号 (076)255-2120

だまされやすさ心理チェック結果

あてはまる項目が多いほど、消費者トラブルにあう危険度が高い傾向にあります。

(1)(2)(3)にあてはまった人はトラブルに対して危険意識がうすい傾向があります。
これまで大丈夫だったからこれからも安心というわけにはいきません。
誰もが例外なく狙われますし、また人相は良いけどだますような悪い人は思っているよりも実際はたくさん存在します。

(4)(5)(6)にあてはまった人はだまされているのに気がつかない傾向があります。
もしかしたら、相手を思いやる親切で優しい性格を悪用されて、すでに不必要な契約をさせられている可能性もあります。

(7)(8)(9)にあてはまった人はだまされたとき一人でかかえこんでしまう傾向があります。
だます方が悪いのに自分を責めたり恥ずかしがったり、助けてくれる人がまわりにいないと思いこんだりしやすいようです。

契約はよく理解して慎重に!

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?