ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

創業塾

ページ番号:0002419 印刷用ページを表示する 更新日:2019年7月10日更新 <外部リンク>

令和元年度創業塾を開催します

野々市市内での創業を志す方々を対象に、野々市市商工会主催の創業塾が開催されます。
創業塾では、創業して成功するために必要な、経営、財務、人材育成、販路開拓の知識を学ぶことができます。
今回は、飲食業やサービス業に重点を置いたカリキュラムになっています。
飲食業、サービス業での創業をめざされる方はもちろん、創業を志す方であれば、業種にかかわらず、どなたでも参加できます。
ぜひこの機会に、あなたの夢をカタチにしてみませんか?

カリキュラム

開催日時 テーマ 主な内容
9月3日(火曜日)
19時から21時半
開講式(オリエンテーション) 概要説明
開業に向けてのビジョンとお店のビジネスモデルを明確にする
  • 自分の経営資源を考える
  • 事業ビジョンの必要性
  • ビジネスモデルのつくり方
  • 事業の成功、失敗事例
9月10日(火曜日)
19時から21時半
事業に必要な法律と会計の知識を学ぶ
  • 個人事業と法人組織
  • 資金の調達方法
  • 会計と税務の基礎知識
  • 事業に必要な諸手続
9月17日(火曜日)
19時から21時半
事業に必要な人材の確保と育成について学ぶ
  • 店舗運営でのメンタルヘルス
  • 従業員の募集と採用
  • 雇用と社会保険の知識
  • 戦略的なスタッフの育成
9月24日(火曜日)
19時から21時半
情報の収集と発信で来店客を開拓する
  • 情報収集・発信の大切さ
  • マーケティングの基礎知識
  • HPやSNSの活用方法
  • プレゼンテーションのスキル
10月1日(火曜日)
19時から21時半
自分が考えるお店の魅力を伝える
  • 事業プランのプレゼンテーション
  • 講師からのコメント
交流会
閉講式
  • それぞれの思いを語りあう
  • 記念撮影

詳細は、創業塾案内チラシをご覧ください。

令和元年度創業塾チラシ [PDFファイル/1.25MB]

講師

平野禎幸氏(かが経営コンサルティング代表/中小企業診断士/行政書士)

会場

学びの杜ののいちカレード(野々市市太平寺4-156)

定員

25名(先着順。定員に達し次第締め切ります。)

受講料

一般2,000円、学生1,000円

対象

創業の関心のある方、野々市市内で創業を予定している方、野々市市内で創業して間もない方(原則、全講座を受講できる方)

申し込み・問い合わせ

創業塾案内チラシ裏面の申込書に記入の上、野々市市商工会宛にお申し込みください。※8月30日(金曜日)まで申請期間が延長されました。
野々市市商工会のホームページからもお申し込みができます。
野々市市商工会<外部リンク>(電話番号076-246-1242、ファクス番号076-246-2558)

受講によるメリット

全講座を受講された方は、市から証明書の交付を受けることで、国による以下の支援を受けることができます。
証明書の交付については、特定創業支援等事業により支援を受けたことの証明書の交付申請のページをご覧ください。
特定創業支援等事業により支援を受けたことの証明書の交付申請

1. 市内で会社を設立する際の登録免許税が軽減されます。

株式会社:資本金の0.7%→0.35%(最低税額15万円→7.5万円)
合同会社:資本金の0.7%→0.35%(最低税額6万円→3万円)
合名会社、合資会社:6万円→3万円

2. 創業関連保証の特例が前倒しされます。

申込可能期間が創業前2か月→6か月に緩和

3. 日本政策金融公庫の「新創業融資制度」の申し込み要件が緩和されます。

創業前または創業後税務申告2期未満の方:自己資金要件を充足したものとみなす

4. 日本政策金融公庫の「新規開業支援資金」の貸付利率が引き下げられます。

新規開業支援資金の貸付利率の引き下げの対象として、同資金を利用することが可能

 

また、上記メリットのほか、野々市市の創業者支援事業補助金(広報活動支援事業)が受けられます。
詳しい内容については、創業者支援事業補助金(広報活動支援事業)のページをご覧ください。
創業者支援事業補助金(広報活動支援事業)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)