ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 産業振興課 > 農業経営基盤強化促進事業

農業経営基盤強化促進事業

ページ番号:0002746 印刷用ページを表示する 更新日:2021年2月16日更新 <外部リンク>

事業内容

農業経営基盤強化促進事業は、農業経営基盤強化促進法に基づき、経営感覚に優れた「効率的かつ安定的な農業経営」を育成し、それらの農業経営が農業生産の相当部分を担うような農業構造の確立を目的とした事業です。関係機関等の協力の下で、認定農業者等の育成、支援と、これらの活動による地域農業の担い手の確保及び農地の有効利用、保全活動等を一体的に行います。

主な取り組み

  • 利用権設定等促進事業(農用地の賃貸借や売買を進めます)
  • 農用地利用改善事業の実施を促進する事業(地域における農業経営の改善を進めます)
  • 委託を受けて行う農作業の実施を促進する事業(農作業受委託を進めます)
  • 農地中間管理事業の実施を促進する事業(農地の仲介を進めます)

認定農業者制度

認定農業者制度とは、意欲ある農業者が自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」(5年後の経営目標)を市が基本構想等の基準に基づき認定し、その計画達成に向けた取組を関係機関、団体が支援する仕組みです。認定農業者は農用地の利用集積、金融、税制、研修等の支援措置を受けることができます。

基準

  • 市の基本構想に照らして適切か
  • 達成できる計画かどうか
  • 農用地の効率的、総合的利用に配慮したものか

※認定期間は5年間ですので、期間が満了された方は新たな計画を作成し、再度認定の申請をしてください

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?