ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 産業振興課 > 創業者支援事業補助金(店舗・事務所開設支援事業)

創業者支援事業補助金(店舗・事務所開設支援事業)

ページ番号:0029929 印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新 <外部リンク>

創業者支援事業補助金(店舗・事務所開設支援事業)

野々市市では、市内において新たに創業する個人や中小企業に対し、創業の際の店舗・事務所開設に係る経費について支援する補助制度を設けています。

対象者

  1. 市の創業支援事業を受けた方(創業塾、創業セミナー等)
  2. 野々市市内で創業予定または創業後5年未満の方
  3. 現在の事業を継続して実施しつつ、新たな事業を開始予定または開始後1年未満の方
    • 個人の場合は、補助事業完了日までに野々市市内に住所がある方に限ります。
    • 創業予定・新たな事業を開始予定の方は、補助事業完了日までに創業・事業開始している必要があります。
    • その他、市税を滞納していないなどいくつか要件がありますので、産業振興課にお問い合わせください。

内容

店舗・事務所の開設等に係る事業計画を作成し、その計画に基づき実施する事業に係る費用の一部を補助します。

補助対象経費

(1)改装工事費

既存の物件に対し、新たな事業を行うために必要な改装工事費

※新たな事業に必要と認められない改装工事費は対象外です

 

(2)備品購入費

新たな事業を行うために必要な機械装置、工具、器具等の購入費

※リース料やレンタル料は対象外です

補助金

補助率2分の1以内、補助限度額10万円(条件付きで最大20万円加算

加算の条件

次のいずれかに該当する場合は、補助限度額にそれぞれ5万円を加算します。

  1. 申請する年度の4月1日において代表者の年齢が35歳未満の場合
  2. 野々市市企業立地促進助成制度の対象業種(旅館、ホテルは除く)の場合
  3. 代表者が女性の場合
  4. 市長が適当と認める創業支援等事業を受けていること

要件

  1. 市内在住の従業員(パート・アルバイト含む)の新たな雇用が見込めること。
  2. 店舗・事務所開設等の事業計画を作成し、野々市市商工会の確認を受けていること。
  3. 野々市市商工会主催の創業塾、野々市市主催の創業セミナーを受けていること。
  4. 同様の趣旨の他の補助金等の交付を受けていないこと。
  5. 申請する年度内に事業が完了するものであること。

手続きの流れ

  1. 野々市市商工会主催の創業塾、野々市市主催の創業セミナーに参加してください。
  2. 事業計画を作成し、野々市市商工会の確認を受けてください。
  3. 申請書等必要な書類を産業振興課に提出してください。(必ず、補助事業の着手前に提出してください。
  4. 補助事業の完了後、実績報告書等必要な書類を産業振興課に提出してください。

申請に必要な書類

  1. 補助金交付申請書
  2. 補助事業計画書(野々市市商工会の確認を受けている必要があります。
  3. 支援を受けた創業支援事業の内容の確認に係る同意書(野々市市主催の創業セミナーに参加の場合は不要)
  4. 市納税証明書
  5. 開業届の控えの写しまたは履歴事項全部証明書の写し(開業の届出または法人登記している場合)
  6. 営業許可証の写し(許認可を必要とする業種ですでに許認可を取得している場合)
  7. 住民票(個人で申請時に市民の場合)
  8. 代表者の生年月日が確認できる公的証明書類の写し(7提出の場合は不要)
  9. 新たに雇用する従業員が市内在住であることが確認できる書類

実績報告に必要な書類

  1. 補助事業実績報告書
  2. 補助事業実施明細書
  3. 開業届の控えの写しまたは履歴事項全部証明書の写し(申請時に未提出の場合)
  4. 営業許可証の写し(許認可を必要とする業種で申請時に未提出の場合)
  5. 補助対象事業の内容がわかる書類
  6. 補助対象経費の支出が確認できる領収書等の写し
  7. 住民票(個人で申請時に未提出の場合)
  8. 補助金交付請求書

申請書ダウンロード

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)