ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 10月31日は衆議院議員総選挙の投票日です

10月31日は衆議院議員総選挙の投票日です

ページ番号:0033324 印刷用ページを表示する 更新日:2021年10月14日更新 <外部リンク>

10月31日(日曜日)は、第49回衆議院議員総選挙の投票日です

投票日と投票時間

10月31日(日曜日)午前7時から午後8時まで

 

今回投票できる人

今回の選挙では、平成15年11月1日以前に生まれた人が投票できます。

※なお、最近住所を変えた人の投票場所については下記のとおりです。

今回投票できる人

※「住所」とは住民登録をしているところです。

※平成15年11月2日以降に生まれた人は今回の選挙で投票できません。

投票所

住んでいる地区ごとに定められています。市選挙管理委員会から郵送される投票入場券(ハガキ)に記載された投票所で投票してください。
投票所一覧はこちらのページをご覧ください。

投票に必要なもの

■投票入場券(ハガキ)
※各個人宛に郵送します。投票するときは、お持ちください。なお、期日前投票をするときは、事前に裏面の宣誓書欄を記入してください。

もし、投票入場券を紛失したり忘れたりした場合には、投票所で係員に申し出てください。また、投票入場券の到着は多少遅れることがありますが、届いていなくても選挙人名簿に名前があれば投票できます。

選挙公報

選挙公報は、選挙の公示日に候補者から原稿が提出され、それを原稿として県選挙管理委員会が作成して各市町村の選挙管理委員会に配送し、各市町村の選挙管理委員会から各世帯へ配布されることになります。

従いまして、実際に各世帯に配布される時期は投票日の数日前となってしまいます。

公職選挙法は、こうした点を考慮し、投票日の2日前までに各家庭へ配布するよう定めていますが、市選挙管理委員会では、少しでも早く各家庭に配布できるよう引き続き工夫してまいります。

 

投票日に投票所に行くことができない人へ

期日前投票制度

投票日前の一定期間内に市内で投票できます。
詳しくは、期日前投票(衆議院議員総選挙)のページをご覧ください。

不在者投票制度

出張や旅行などで期日前投票の期間や投票日当日に野々市市で投票できない人は、滞在先の選挙管理委員会で投票できます。
詳しくは、不在者投票(衆議院議員総選挙)のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症により療養の方の郵便投票制度

新型コロナウイルス感染症により宿泊・自宅療養等されている方で、一定の要件を満たす場合、郵便により投票することができます。

詳しくは、不在者投票(衆議院議員総選挙)のページをご覧ください。

 

選挙における新型コロナウイルス感染症対策について

野々市市選挙管理委員会で、選挙時新型コロナウイルス感染症対策を行っています。

詳しくは選挙における新型コロナウイルス感染症対策についてページをご覧ください。

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?