ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > 洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップ

印刷用ページを表示する 更新日:2018年6月1日更新 <外部リンク>

 大雨によって洪水が発生し、対象河川の水が複数の箇所で流れ出した場合に想定される浸水範囲と深さを表示したものです。水害時の避難所・持ち出し品・情報伝達・緊急連絡先など必要な情報をわかりやすくまとめてあります。
 浸水想定区域は、国土交通省(一級河川手取川)・石川県(二級河川高橋川・安原川)から公表された浸水想定区域図を基に作成しています。手取川は100年に1回程度、高橋川・安原川は50年に1回程度の大雨が降った場合を想定しています。皆さんの住んでいる地域が、どのくらいの深さまで浸水するか下記のリンクよりダウンロードし、確認しましょう。
 手取川・高橋川・安原川洪水避難地図

※平成29年4月17日に国土交通省から公表された洪水浸水想定区域図(手取川)及び、平成31年3月13日に石川県から公表された洪水浸水想定区域図(高橋川、安原川、伏見川)を踏まえて、野々市市洪水ハザードマップを見直しする予定です。(平成31年度中)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。