ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化課 > 北国街道まちづくり基本構想(案)パブリックコメントの募集について

北国街道まちづくり基本構想(案)パブリックコメントの募集について

ページ番号:0020001 印刷用ページを表示する 更新日:2020年2月26日更新 <外部リンク>
◆パブリックコメントの実施期間中、基本構想(案)に対するご意見の提出はございませんでした。
 基本構想(案)を基に、「北国街道まちづくり基本構想」を策定します。



 北国街道における新たなにぎわい創出に向けて、基本的な考え方や方向性を整理する「北国街道まちづくり基本構想」を策定するにあたり、令和2年2月26日(水曜日)から、本基本構想(案)に対するパブリックコメントを実施します。
 さまざまな視点から、意見・提言をお寄せください。

パブリックコメントの対象

 意見募集の様式はパブリックコメント様式をご利用ください。

基本構想策定の趣旨

 野々市市の本町地区は、江戸時代には野々市村と呼ばれ、金沢城の城下町から上方に向かう北国街道最初の宿駅として栄えたまちです。
 「北国街道まちづくり基本構想」は、この本町地区の北国街道周辺に、新たなにぎわいを創出するため、「野々市市第一次総合計画」や「北国街道にぎわい創出プロジェクト」の考え方を踏まえて、方向性を具体化するために策定するものです。

意見募集の目的

 北国街道まちづくり計画基本構想策定業務評価委員会からのご意見、ご提言を踏まえて策定した本基本構想(案)をより良いものとするため、広く市民の皆さんからのご意見、ご提言をお伺いするものです。

基本構想(案)の公表及び意見等募集の期間

◆ご意見の募集は終了いたしました。


 令和2年2月26日(水曜日)から3月16日(月曜日)まで

意見等を提出できる方

 ・野々市市に住所のある方
 ・野々市市内の事務所や事業所にお勤めの方
 ・野々市市に事務所や事業所をお持ちの方
 ・野々市市の学校に在学される方
 ・その他、北国街道まちづくり基本構想の策定により利害関係を有する個人または法人

意見等の提出方法

 ・郵送、電子メール、ファックスで提出されるか、文化課窓口に直接ご提出ください。
 ・電話や口頭での意見等の募集には応じません。
 ・応募には、氏名、住所、年齢、北国街道まちづくり基本構想(案)に対する意見等を記載してください。
 ・必要事項が記載されていない場合には、意見等として取り扱わない場合があります。

基本構想(案)の閲覧と意見等募集用紙の入手方法

 令和2年2月26日(水曜日)から3月16日(月曜日)までの期間、市ホームページと次の窓口で、基本構想(案)をご覧になることができます。
 意見等募集様式は、市ホームページからダウンロードしていただくか、次の窓口で入手ください。

 ・市役所3階 教育文化部文化課 窓口

意見等の公表

 提出された意見等の内容、提出された意見等に対する本市の考え方、また、意見等を受けて北国街道まちづくり基本構想(案)を修正した場合には、その修正箇所を市ホームページに掲載し、お知らせします。
 なお、掲載の際には、ご意見をいただいた方の氏名、住所、年齢は公表いたしません。

意見等の提出先

◆ご意見の募集は終了いたしました。


 次のいずれかの方法により提出してください。

郵送による場合

 〒921-8510 野々市市三納一丁目1番地
 野々市市教育文化部文化課

電子メールによる場合

 bunka@city.nonoichi.lg.jp へ送信してください。

ファックスによる場合

 野々市市教育文化部文化課
 ファックス番号 076-227-6258

 (お手数ですが、受信確認のため、ファックス送信後、お電話(電話番号 076-227-6122)でその旨ご連
 絡ください。)

市役所へ直接提出される場合

 市役所3階 21番窓口 教育文化部文化課までお持ちください。

その他

 ・提出されたご意見について、提出者個人への回答はいたしかねます。
 ・提出されたご意見等のうち、類似したご意見などについては、意図が変わらない程度に編集し、取りまと
  めた上で公表する場合があります。
 ・パブリックコメントの募集は、具体的なご意見等の収集を目的としています。募集内容とは明らかに関係
  のないご意見や、明らかに悪意を持ったご意見であると判断される場合には、このパブリックコメントに
  対する意見として取り扱いません。
 ・お預かりした個人情報は、野々市市個人情報保護条例に基づき適正に管理し、公表することはありませ
  ん。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)