ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化課 > 本町の獅子舞と野菜みこし

本町の獅子舞と野菜みこし

ページ番号:0003512 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

10月中旬の布市神社(ぬのいちじんじゃ)の秋まつりには、荒町(あらまち)[本町(ほんまち)1丁目]、中町(なかまち)[本町3丁目]、西町(にしまち)[本町4丁目]の3組の獅子が、本町の町内を回ります。

獅子の一行は、獅子頭(ししがしら)を持つ『頭(かしら)もち』、頭もちの交代要員の『懸帯前(けんたいまえ)の若衆(わかしゅう)』、「ヨイヤー」の掛け声で獅子殺しの剣舞(けんぶ)を演じる『棒振(ぼうふ)り』で構成(こうせい)されています。
獅子同士が途中で出会った時は、相手方の獅子を討ち取る「アワセ」が行われます。「アワセ」は、『棒振り』の技量を競い合う見せ場で、多くの人が集まり盛り上がります。

一日市町(ひといちまち)[本町2丁目]からは、野菜みこしがくりだします。野菜みこしは、みこし全体を色とりどりの野菜で飾り、屋根を稲穂(いなほ)で作った、全国的にも珍しいみこしです。

荒町の獅子舞の画像

荒町の獅子舞

中町の獅子舞の画像

中町の獅子舞

西町の獅子舞の画像

西町の獅子舞

一日市町の野菜みこしの画像

一日市町の野菜みこし

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?