ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化課 > 市制施行10周年記念郷土資料館企画展「野々市繁昌記」の開催

市制施行10周年記念郷土資料館企画展「野々市繁昌記」の開催

ページ番号:0028348 印刷用ページを表示する 更新日:2021年11月10日更新 <外部リンク>

市制施行10周年記念 郷土資料館企画展「野々市繁昌(はんじょう)記」

 北国街道の宿場として栄えた野々市(現在の本町通り)の商いに関する歴史を

 むかしのチラシである引札(ひきふだ)をはじめとした資料やパネルで紹介します。

 

 日時 令和3年11月10日(水曜日)から12月19日(日曜日) 9時から17時

     (月曜・祝日の翌日休館)

 場所 野々市市郷土資料館 (野々市市本町三丁目19番24号)

  野々市繁昌記チラシ [PDFファイル/607KB]

 

【展示解説のお知らせ】

 企画展の内容について、市職員等による解説を行います。

 日時 (1)令和3年11月20日(土曜日) (2)令和3年12月11日(土曜日)10時から11時

 場所 野々市市郷土資料館

 (1)・(2)はいずれも同じ内容です。申込不要、参加無料

 

 

 

【展示資料(一部)】

◎「喜多次平の引札」 

酒造業を営んでいた喜多家の引札です。喜多家は、主力の銘柄として「猩々(しょうじょう)」を製造していましたが、この引札は、その図案も伝説の大酒飲みである「猩々」を採用しています。

猩々の引札

 

◎「魚住與三郎(よさぶろう)の引札」 

雑貨(肥料)商である魚住家の引札です。この引札は、「一富士二鷹三なすび」と初夢の縁起物が刷られています。正月にはこのような華やかな引札がお客さんなどに配られました。

魚住家の引札

 

 

 

 

 

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)