ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境安全課 > 歩行者保護モデル路線でのキャンペーン

歩行者保護モデル路線でのキャンペーン

ページ番号:0003464 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

 白山警察署と道路管理者である野々市市は、歩行者の事故が多発している野々市中央通り(市道本町新庄線)の粟田5丁目交差点から新庄2丁目交差点までを「歩行者保護モデル路線」として指定し、歩行者の交通事故を防止するため、看板、路面標示を設置しました。

歩行者保護モデル路線図

横断者注意歩行者保護モデル路線看板

 平成30年10月22日(月曜日)に歩行者保護モデル路線内の上林4丁目交差点において、「モデル路線における看板、路面標示の設置」に伴う交通安全キャンペーンを実施し、歩行者保護意識の高揚と歩行者事故防止を呼びかけました。

ドライバーに歩行者事故防止を呼びかける村上白山警察署長と粟市長

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?