ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境安全課 > 家庭で防災について考えましょう

家庭で防災について考えましょう

ページ番号:0025798 印刷用ページを表示する 更新日:2020年11月11日更新 <外部リンク>

家庭で防災について考えましょう

家族防災会議

家庭でできる防災対策について考えてみましょう。

緊急時の避難先を確認しましょう

災害時に慌てず避難できるように、避難先を事前に確認しておきましょう。

ハザードマップで自宅の位置を確認し、自宅の2階への避難(垂直避難)も検討しましょう。

ひなん

非常用持出品を準備しましょう

災害発生直後は食料などの物資がすぐに行きわたらないことがあります。

最低1日分の食料品や日用品を非常用持出袋にまとめて、玄関等におきましょう。

非常用持出品
水・食料  □水(1日3L) □食料(缶詰などすぐ食べられるもの)
安全グッズ □ヘルメット □軍手 □懐中電灯 □ハザードマップ
貴重品 □現金  □カード  □通帳・印鑑
日用品 □下着 □タオル・洗面器具 □ティッシュ
情報グッズ □携帯電話 □充電器・モバイルバッテリー □ラジオ
年齢・性別等に応じて □ミルク □おむつ □生理用品 □杖 □医薬品
感染症対策 □マスク □消毒液 □体温計

自宅の安全を確保しましょう

家屋の倒壊等が無ければ、自宅で避難するほうが様々なメリットがあり安心です。

「自宅避難」ができるように、家屋の安全を確保して、備蓄品を準備しましょう。

〇建物の建築年を調べましょう → (       )年

1981年(昭和56年)以前の木造家屋の場合、耐震性能が現在の基準を満たしていない場合があります。

市の住宅耐震診断と耐震改修補助金に関してはこちら

〇家具の固定をしましょう

家具の転倒は、窒息・圧死など直接の死因になるほか、ドアが塞がれ、避難ができなくなることやストーブに倒れて火災の原因になるなどの危険もあります。

家具の固定が今すぐにできない場合は、家具を置かない安全スペースを作り、退避場所や避難経路を確保するようにしましょう。

〇ガラス飛散対策をしましょう

ガラスによるケガを防ぐため、ガラス飛散防止フィルムを貼りましょう。

〇備蓄品を準備しましょう

自宅で避難生活ができるよう、非常用持出品とは別に準備しておきましょう。

7日分が用意するのが理想ですが、最低でも3日分を準備することが望ましいです。

□携帯トイレ

□トイレットペーパー

□飲料水(1日3L)

□食料(レトルト、缶詰)

ローリングストック

家族防災ノートを作りましょう

 家族がバラバラの時に災害が発生した時の行動などをまとめておきましょう。

〇家族の集合場所

家族がバラバラに拠点避難所に行ったとき、大勢の避難者がいるなかでも再会できるように、具体的な集合場所を決めましょう(例:○○学校校庭ジャングルジム前

再会できなかった場合でも、むやみに何時間も待ち続ける必要がないよう、家族を探しにいく時間も決めておきましょう。

場 所 → (                          )

時 間 → (午前   :  ~  :  、午後   :  ~  :  )

〇緊急時連絡先

職場など連絡先と備考(災害が起きた時の行動など)を記載しておきましょう。

(例:電車が止まった時は帰宅しない、職場の計画に従い業務を継続、先生の指示に従う…など)

緊急時連絡先
名 前 職場・学校 電話番号 備 考
             
       
       
       
       

防災クイズ金沢工業大学「SoRA」)

クイズを通して防災について学べます。全12問(3コース×各4問)

子ども向けコースもありますので、親子で防災について考えてみましょう。

クリックしてスタート!

地震

台風大雨

こどもむけ

◆金沢工業大学防災・減災プロジェクトチーム「SoRA」

学生と地域の防災力向上を目的として、金沢工業大学生が結成した団体です。

地元町内会との合同パトロールや市内小学校での防災教育を実施しています。

災害用伝言ダイヤル171

毎月1日、15日は体験が可能です。実際に練習してみましょう。

171

インターネット学習(金沢地方気象台)

eラーニング教材

大雨・豪雨から「自らの命は自らが守る」基本的な知識ととるべき行動を学べます。

教材はホームページに公開されていますので、好きな時間に自分のペースで学べます。

えら<外部リンク>

危険度分布

大雨での浸水や河川洪水の危険度がリアルタイムに地図上に表示されます。

野々市市ハザードマップで自宅の浸水想定を併せて確認しておくと効果的です。

浸水<外部リンク>

洪水<外部リンク>

野々市市ハザードマップ(Web版)

金沢地方気象台からメッセージ

危険度分布を見ると、大雨のときに今いる場所の危険がわかります。浸水害、洪水災害の危険度を、5段階に色分けして地図上に表示されます。

合わせて、市のハザードマップを見て、自宅のまわりにどんな危険な場所があるか確認しておき、危険を回避するためにどういう行動を取るか、家族や地域の人たちと話し合っておきましょう。

金沢地方気象台

天気予報や気象注意報・警報の発表を行っている組織です。

自治体の長や職員とホットラインを構築し、災害時は情報提供や助言を行います。

当市でも、市長と気象台長の面談を定期的に実施し、連携を強化しています。

k

関連情報

HOTほっとメールののいち登録方法

ヤフー防災アプリ登録方法

結ネット登録方法

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?