ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境安全課 > 避難情報の表現が変更 「避難指示」で全員避難

避難情報の表現が変更 「避難指示」で全員避難

ページ番号:0030995 印刷用ページを表示する 更新日:2021年5月20日更新 <外部リンク>

避難情報(警戒レベル)の表現が変更されました

台風・大雨の時に発令される避難情報(警戒レベル)の表現が変更されました。

これからの季節は台風や大雨にともなう水害が発生する可能性が高くなります。

自分が逃げるタイミングは「いつ」になるのか、避難情報の名称を改めて確認しておきましょう。

避難情報の表現
警戒レベル 変更後   変更前
警戒レベル3 高齢者等避難

避難準備・高齢者等避難開始

警戒レベル4 避難指示 避難勧告
避難指示(緊急)
警戒レベル5 緊急安全確保

災害発生情報

警戒レベル3 高齢者等避難

高齢者、障がい者、乳幼児など避難に時間がかかる人は避難する

避難を支援する人(家族、自主防災組織等)も一緒に行動する

高齢者等避難

警戒レベル4 避難指示

浸水想定区域の住民は全員避難する

全員避難

警戒レベル5 緊急安全確保

自宅の2階など少しでも安全な場所で身を守る

※すでに水害などが発生しており、避難所への移動が危険な場合がある

緊急安全確保

危険を感じたら自主的に避難

事態の急変により、避難情報が警戒レベル3から5の順番通りに必ずしも発令されるとは限りません。

テレビやラジオ等の気象情報に注意を払い、身の危険を感じた場合は自主的に避難しましょう。

関連情報

新たな避難情報周知チラシ [PDFファイル/549KB]

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)