ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境安全課 > 空き地の適正管理

空き地の適正管理

ページ番号:0001666 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

 空き地を放置しておくと、雑草が繁茂し、また、除草した後でも、天候によっては一カ月程で成長します。そのまま放置すると、害虫の発生などにより、付近の住民に多大な迷惑をかけるおそれがあります。
 市では、環境美化の推進により快適な生活環境を確保するため、野々市市環境美化推進条例を制定して、土地の所有者などは、雑草などによる火災や害虫の発生を防ぐために、必要な措置を講じなければならないと定めています。

雑草による被害を防ぐために

 害虫の発生などを防止するため、雑草の除草、樹木の剪定や消毒などを適切に行い、空き地を管理してください。
 また、定期的に所有地の状態を確かめ、適切に管理してください。
 除草や樹木の剪定作業の委託を希望する場合は、公益社団法人野々市市シルバー人材センターまたは造園業者をご利用ください。

主な雑草の種類

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウにアブラムシがわいている写真です。セイタカアワダチソウの開花した写真です。

成長期間 4月から11月
花期 10月から11月
外観の様子 外観の様子大群落を作って、晩秋に黄色の花をいっせいに咲かせる。
上の写真のようにアブラムシなどの虫がよくわいている。

アメリカセンダングサ

アメリカセンダングサの写真です。

成長期間 4月から10月
花期 9月から10月
外観の様子 茎はやや角張った四角柱状で、毛はなく紫褐色。大形の草になり、高さ1mから1.5mになる。
果実はよく服につく。

スズメノカタビラ

スズメノカタビラの写真です。

成長期間 10月から7月(越冬する)
花期 3月から6月
外観の様子 葉は線形だがスズメノテッポウより幅が広く、がっしりした感じ。春早くから株になって茎が叢生する。茎は平たい。茎の先に円錐花序を出し、小穂がまばらにつく。
花粉症の原因となる場合がある。

ブタクサ

ブタクサの写真です。

成長期間 4月から9月
花期 8月から9月
外観の様子 茎はよく分岐する。葉は全体が三角状で2回羽状に深く切れ込む。全体に白毛が密生する。枝先に目立たない花をつけるが、この花の花粉は風でよく飛散し、アレルギーを引き起こすので、花粉症の原因として問題になることもある。

参考文献

  • 「日本帰化植物写真図鑑」 全国農村教育協会 清水矩宏/森田弘彦/廣田伸七
  • 「新版日本原色雑草図鑑」 全国農村教育協会 企画・日本植物調節剤研究協会

写真提供

石川県農林水産部農業総合研究センター

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?