ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画課 > 野々市市第二次総合計画(案)パブリックコメントの募集

野々市市第二次総合計画(案)パブリックコメントの募集

ページ番号:0032635 印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月19日更新 <外部リンク>

 

 野々市市総合計画は、市が目指すまちづくりの方向性やそれを実現するための基本的な施策を定める「まちづくりの基本となる計画」です。野々市市第一次総合計画の実施期間の完了に伴い、これまでの進捗状況を踏まえ、新たな視点を取り込んだ上で、野々市市第二次総合計画を策定します。

 この計画は、市の関係団体所属されている方や公募の市民が中心となった野々市市第二次総合計画策定作業部会を中心として検討を進めてきたものです。

 策定にあたり、野々市市第二次総合計画の内容について、次のとおりパブリックコメントを実施します。さまざまな視点から、意見・提言をお寄せください。

パブリックコメントの対象

 

 

意見等の様式はパブリックコメント様式を御利用ください。

 

計画策定の趣旨

 まちづくりを進めるための最も大切な計画として、平成24年3月に「野々市市第一次総合計画」を策定し、将来都市像「人の和で椿十徳生きるまち」の実現に向け、推進してきました。野々市市第一次総合計画の実施期間の完了に伴い、これまでの進捗状況を踏まえ、新たな視点を取り込んだ上で、野々市市第二次総合計画を策定します。

意見等募集の目的

 野々市市第二次総合計画策定作業部会からの御意見、御提言を踏まえて策定した本計画(案)をより良いものとするため、広く市民の皆さんからの御意見、御提言をお伺いするものです。

計画(案)の公表及び意見等募集の期間

 令和3年8月19日(木曜日)から9月17日(金曜日)まで

意見等を提出できる方

  • 野々市市に住所のある方
  • 野々市市内の事務所や事業所にお勤めの方
  • 野々市市に事務所や事業所をお持ちの方
  • 野々市市の学校に在学される方
  • その他、野々市市第二次総合計画の策定により利害関係を有する個人または法人

意見等の提出方法

  • 郵送、電子メールで提出されるか、企画課窓口に直接御提出ください。
  • 電話や口頭での意見等の募集には応じません。
  • 応募には、氏名(法人その他の団体にあっては、名称及び代表者の氏名)、住所(法人その他の団体にあっては、事務所または事業所の所在地)、年齢(個人の場合に限る)、野々市市第二次総合計画(案)に対する意見等を必ず記載してください。

計画(案)の閲覧と意見等の様式の入手方法

 令和3年8月19日(木曜日)から9月17日(金曜日)までの期間、市ホームページと次の施設で、計画(案)をご覧になることができます。
 意見等の様式は、市ホームページからダウンロードしていただくか、次の窓口で入手ください。

  • 市役所2階 企画振興部企画課
  • 学びの杜ののいちカレード 

意見等の公表

 提出された意見等の内容、提出された意見等に対する本市の考え方、また、意見等を受けて野々市市第二次総合計画(案)を修正した場合には、その修正箇所を市ホームページに掲載し、お知らせします。
 なお、掲載の時期については、令和3年9月末を目途として、すみやかに行います。
 また、公表の際には、御意見をいただいた方の氏名、住所、年齢は公表いたしません。

意見等の提出先

 次のいずれかの方法により提出してください。

郵送による場合

 〒921-8510 野々市市三納一丁目1番地
 野々市市企画振興部企画課 企画係

電子メールによる場合

 kikaku@city.nonoichi.lg.jp へ送信してください。

市役所へ直接提出される場合

 市役所2階 15番窓口 企画振興部企画課 企画係までお持ちください。

その他

  • 提出された御意見について、提出者個人への回答はいたしかねます。
  • 提出された御意見等のうち、類似した御意見などについては、意図が変わらない程度に編集し、取りまとめた上で公表する場合があります。
  • パブリックコメントの募集は、具体的な御意見等の収集を目的としています。募集内容とは明らかに関係のない御意見や、明らかに悪意を持った御意見であると判断される場合には、このパブリックコメントに対する意見として取り扱いません。
  • お預かりした個人情報は、野々市市個人情報保護条例に基づき適正に管理し、公表することはありません。

パブリックコメントを募集しています 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)