ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

ページ番号:0001206 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

ジェネリック医薬品とは

 特許の切れた通常の薬(先発医薬品)と有効性・安全性が同等であると認められた安価な薬です(後発医薬品とも言います)。医療機関から薬を処方されるときに、ジェネリック医薬品を選択することで、自己負担額が安くなる可能性があります。

  • 注意していただきたいこと
    1. ジェネリック医薬品を選択しても、技術料や管理料等が加わり、自己負担額が先発医薬品と変わらないか高くなる場合があります。
    2. すでに使用している薬をジェネリック医薬品に切り替える場合、効能や効果・副作用などについて医師もしくは薬剤師に必ず相談してください。
  • 主に生活習慣病などにより長期間服薬されている方で、ジェネリック医薬品に切り替えることができる方には「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を定期的に送っています。
  • ジェネリック医薬品を希望する場合
    • 直接、医師もしくは薬剤師に相談してください。
    • 「ジェネリック医薬品希望シール」を保険証やお薬手帳に貼付けてください。
      ※「ジェネリック医薬品希望シール」は毎年、郵送する更新保険証に同封しています。また、保険年金課(市役所1階4番窓口)でも配布しておりますので、ご希望の方はお申し付けください。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?