ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 免除されていた国民年金保険料は、後で納めることができますか

免除されていた国民年金保険料は、後で納めることができますか

ページ番号:0003539 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

質問

免除されていた国民年金保険料は、後で納めることができますか。

回答

保険料を納付することが免除された期間(全額・4分の3・半額・4分の1免除期間)については、10年間の範囲内で後から保険料を納める「追納」という制度があります。ただし、2年を過ぎると当時の保険料に加算額がつき、保険料が高くなります。保険料の追納がない場合は、免除された期間は年金の受給権発生の資格期間には算入されますが、老齢基礎年金の年金額は減額されます。追納を行うことにより減額されない年金を受け取ることができますので、ぜひ追納されますようお勧めいたします。減額の割合など、詳しくは年金事務所にお問い合わせ下さい。

金沢南年金事務所 泉が丘2-1-18 245-2311

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?