ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 特定健康診査等実施計画

特定健康診査等実施計画

ページ番号:0003730 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

「高齢者の医療の確保に関する法律」の施行により、平成20年4月から、すべての医療保険者に対し、40~74歳の被保険者を対象として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した「特定健康診査・特定保健指導」が実施することが義務付けされました。

これを受けて、市では、40歳から74歳までの国民健康保険加入者を対象とした、特定健康診査・特定保健指導の実施方法や目標値などの基本事項を定めた、「特定健康診査等実施計画」を策定し、計画に基づき健診・保健指導を実施してきました。

第1期計画(平成20年度から平成24年度)の終了にあたり、第1期計画の評価および野々市市国民健康保険の現状を踏まえて、第2期計画(平成25年度から平成29年度)を策定しました。今後、第2期計画に基づき特定健康診査・特定保健指導を実施していくことになります。

第2期計画の閲覧

特定健康診査等実施計画(第2期)[PDFファイル/1.07MB]

第1期計画(平成24年度で終了)の閲覧はこちら

特定健康診査等実施計画(第1期)[PDFファイル/2.23MB]

特定健康診査の日程などにつきましては広報5月号をご覧ください。

※特定健康診査等実施計画(第2期)が施行されました(平成25年4月1日)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)