ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 定期予防接種副反応疑い報告(医療機関向け)

定期予防接種副反応疑い報告(医療機関向け)

ページ番号:0002618 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

 平成25年4月1日から予防接種法の一部改正が行われ、予防接種法第12条第1項の規定に基づき、医師等は予防接種等を受けた者に定められた期間に定められた症状が起こった場合、診療した医療機関から(独)医薬品医療機器総合機構への「予防接種後副反応の報告」することが義務化されました。
 また、平成28年10月1日から「副反応疑い報告」に名称が変更され、報告書入力アプリが利用できるようになりました。

予防接種後の「有害事象」または「副反応」を疑ったら「予防接種後副反応疑い報告書」を作成(方法は2通りあります)

報告書のファックス送付先

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
ファックス番号:0120-176-146

報告書アプリの利用による作成

厚生労働省ホームページまたは国立感染症研究所ホームページから
「予防接種後副反応疑い報告書入力アプリ」をダウンロードします。
予防接種後副反応疑い報告書の様式はこちらからダウンロードできます [PDFファイル/145KB]

報告の流れ 参照 厚生労働省ホームページより

副反応疑い報告の流れ

参考

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)