ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 野々市市の概要

野々市市の概要

ページ番号:0003584 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

野々市市の概要 [PDFファイル/482KB]

市の地勢

野々市市は、石川県のほぼ中央に位置し、山・海のない全くの平坦地です。
市は、北東部を金沢市と、南西部を白山市にそれぞれ接しています。

石川県市町図野々市町全図

面積 13.56平方キロメートル
東西 4.5キロメートル
南北 6.7キロメートル
海抜 最高 49.6メートル
最低 8.4メートル
(国土地理院の基準点)
人口 55,099人
平成27年10月1日現在(国勢調査の人口)

人口、産業など詳しいデータ、市統計書などは統計情報のコンテンツをご覧ください

2019年版全国「住みよさランキング」は3位

野々市市航空写真

「住みよさランキング」は、東洋経済新報社が公的統計を基に、それぞれの市が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4つの観点から見た22の指標について、それぞれ平均値を50とする偏差値を算出、その単純平均を総合評価としてランキングしたものです。815市・特別区が対象です。

東洋経済新報社が発表した2019年版全国「住みよさランキング」で、野々市市は、算出する指標のうち「利便度」で全国11位となり、総合は3位と評価されました。

この結果を踏まえ、今後も「住みやすいまち」、「選ばれるまち」を市民の皆さんと創っていきます。

 

市章

市章の画像

市章は、旧野々市町、富奥村の合併5周年を記念して、昭和35年6月15日に制定しました。章は、平仮名で”のの”を組み合わせ、分銅を形成し、市の融和発展を象徴した簡潔清爽な意匠となっています。

市花木 ツバキ

ツバキ

昭和49年(1974年)、ツバキが市花木に選定されました。野々市市には昔から、枝ぶりの立派なツバキが多く育っていました。また「野々市」という、白に薄い紅をさしたような美しい品種もあります。

市庁舎(平成17年1月より現庁舎)

庁舎画像

平成16年12月、新しい野々市町役場と情報交流館カメリアが竣工しました。これは、住民同士のコミュニケーションをより生み出せるように、地域のふれあいを大切に考えて造られました。また、平成23年11月の市制施行と同時に市役所庁舎となりました。
庁舎は、行政・議会・住民がそれぞれ向き合うことをイメージしたコの字型となっています。さまざまな場面においてだれもが利用しやすいように工夫されており、新しい交流・新しいまちづくりを生みだす場所として活躍していきます。

市キャラクター「のっティ」

のっティ

 いつのまにか野々市に住みついていた不思議な生き物“のっティ”。どこで生まれたのか、どこから来たのかは謎に包まれています。
 平成15年に運行開始したコミュニティバスに採用されたそのキャラクターはかわいらしさで話題となり、平成22年2月に野々市の公式キャラクターとなりました。

市キャラクター「のっティ」をもっと詳しく知りたい人はこちら

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)