ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建築住宅課 > 簡易耐震診断事業

簡易耐震診断事業

ページ番号:0001584 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

 簡易耐震診断とは、住宅の図面及び写真のみで簡易的に耐震診断を行うものです。この事業は、市が委託した診断事業者の耐震診断士が行い、報告書により申請者に結果をお知らせします。

対象住宅

  • 在来軸組構法による木造の一戸建ての住宅
    (非住宅部分が2分の1以下の兼用住宅を含む)
  • 階数が2以下(地階無し)の住宅
  • 昭和56年5月31日以前に建設された住宅等

対象者

  • 本市に住所がある者
  • 対象住宅を所有している者
  • 市税を滞納していない者

事業に係る費用

事業の実施に係る費用は、次のとおりです。

建築図面に基づく簡易耐震診断(現況図面がある場合) 無料
現地調査に基づく簡易耐震診断(現況図面がない場合) 5,000円

※5千円は、直接診断事業者にお支払ください。入金が確認されない場合は、診断の実施を行うことができません
※現地調査とは、対象住宅の現況図面がない場合に耐震診断士がその住宅の現地で調査し、現況図面を作成する調査をいいます。

申請手続き

簡易耐震診断を希望する人は、次の書類をすべて用意し、建築住宅課に申請してください。(※)印の書類については、市による調査に同意いただける場合に省略できます。

  1. 野々市市既存建築物簡易耐震診断申請書(別記様式第1号[Wordファイル/21KB]
  2. 対象住宅の位置図
  3. 対象住宅の現況平面図の写し
  4. 対象住宅の登記事項証明書(※)
  5. 既存建築物の建築年次及び延べ面積を明示した書類の写し(※)
  6. 市税の完納証明書(※)
  7. 住民票の写し(※)
  8. 住まいの自己チェック票(別記様式第2号[Wordファイル/34KB]
  9. 住宅の外観及び各室内の写真

申請書類の受理後、建築住宅課で審査した後、診断事業者に依頼します。

診断結果の報告

 診断結果の報告書は、建築住宅課よりお渡しします。報告書の内容に不明な点がある場合は、建築住宅課に問い合わせください。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?