ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上水道への加入

ページ番号:0002287 印刷用ページを表示する 更新日:2020年7月16日更新 <外部リンク>

市上水道を利用する場合は、次の手順により申請してください。

給水装置工事の申し込み

野々市市内で給水装置工事(宅内工事も含む)を行う場合、市指定給水装置工事事業者へお申し込み下さい。受注をされた指定工事事業者は、工事の申し込みから完了までの手続きを責任をもって行います。

申し込み時の注意事項

1.申し込み場所の前面道路の水道管(配水管)の有無を上下水道課にて必ずご確認ください。

2.給水装置工事は市指定給水装置工事事業者へ必ず依頼し、申し込みをしてください。

3.給水装置工事は「全額申込者負担」です。その他に「上水道加入金・舗装本復旧費・手数料」が必要になります。

手数料一覧表 (令和2年4月1日から)
  設計審査手数料

給水装置工事検査手数料

合 計
1次側 1,000円 1,000円 2,000円
2次側 1,000円 1,000円
1次側+2次側 1,000円 1,000円 2,000円
<加入金額一覧表>
13ミリ 220,000円
20ミリ 253,000円
25ミリ 379,500円
30ミリ 561,000円
40ミリ 1012,000円
50ミリ 2,277,000円
75ミリ 5,060,000円
100ミリ 10,120,000円 

※上記、加入金には消費税が含まれています。(100円未満切り捨てしてあります)

 

<舗装本復旧費>

舗装本復旧費 [PDFファイル/154KB]

※労務費及び及び施工歩掛の見直しを行った結果、給水引込工事に係る舗装本復旧費の単価を変更しました。

  新単価は令和2年8月1日以降受付分の給水装置工事設計書から適用となります。

 

5.他人の所有地への給水は原則として認めておりません。

6.申請場所の前面道路に水道管(配水管)が無い場合は、市上下水道課へ「配水管布設工事申込書」を提出してください。(工事費は「申請者負担」、工事の設計・施工は「市上下水道課」が行います)

給水装置の管理および水道料金について

  1. 給水装置は原則として利用者に管理していただくことになります。ただし、量水器(メーター)は計量法に基づき8年以内毎に市で取り替えします。
  2. 給水装置工事完了後は、水を使用しなくても「量水器を取り付けた日」から、水道料金が発生しますのでご了承ください。なお、長期間使用しない場合は「休止制度」(要手数料)がありますのでご利用ください。
  3. 給水装置(屋内配管も含む)、量水器の位置および給水口径を変更する場合でも、指定事業者へ申し込みをしてください。

うおっ太くん

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)