ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水道メーター

ページ番号:0002351 印刷用ページを表示する 更新日:2019年3月27日更新 <外部リンク>

みなさんのご家庭の敷地内には水道メーターが設置してあります。今回検針時の水道メーター指示数から前回検針時の指示数を差し引くと、その間にお使いになった水量が計算されます。

(例)今回指示数(1月1日検針、指示数173立方メートル)、前回指示数(11月1日検針、指示数148立方メートル)の場合

 今回指示数 173m3

- 前回指示数 148m3

11月、12月に使用した水量 25m3

水道メーター

漏水かも?

「毎月同じような生活をしているのに、使用水量がだんだん多くなっている気がする。」や「近所の人と比べて使用水量が多いかも?」と感じたら、漏水している可能性があります。漏水はメーターを見ることで簡単に調べることができます。

  1. すべての蛇口を閉めてください。
  2. 水道メーターのパイロット(上の画像参照)を確認してください。パイロットが回転している場合には漏水の疑いがあります。すぐに指定給水装置工事事業者に連絡し、修理を依頼してください。

※漏水していた場合、水道料金を減額できる場合がありますので、修理を行った指定工事業者を通じて申請してください。

メーターの交換にご協力ください。

水道メーターは、計量法という法律で有効期限が8年間と定められています。市では正確な使用水量を量るため、有効期限が満了になる前にメーターを順次取り替えています。取り替えには業者がお伺いしますが、作業中は水を止めさせていただきますので、ご協力をお願いします。

うおっ太くん

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?