ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 教育総務課 > 市立小中学校の耐震化の状況

市立小中学校の耐震化の状況

ページ番号:0002106 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

 平成20年6月に施行された「地震防災対策特別措置法の一部を改正する法律」により、地方公共団体に対し、設置する公立の小学校、中学校の校舎などについて、耐震診断を実施することおよび耐震診断の結果の公表が義務付けられました。
 耐震診断の対象となる建物は、昭和56年5月以前の建築基準により建設されたもので、木造以外の校舎等では、2階建て以上または延べ床面積200平方メートル超の施設です。
 つきましては、野々市市立小中学校の耐震化状況を次のとおり公表します。

 野々市市立小中学校の耐震化状況[PDFファイル/238KB]

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)