ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

就学援助費

ページ番号:0002181 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

就学援助制度について

市では学用品費、給食費など学校にかかる費用に困っている家庭に対して費用の一部を援助しています。

援助の対象となる人

この援助を受けることができるのは、市に住所を有し、小中学校に在学する児童生徒の保護者で、下記のような人が対象です。

  • 生活保護を受けている人
  • 生活保護を受けている人以外で、経済的理由によって就学困難と認められる児童生徒の保護者

1例として、下記のような所得状況の人が対象となります(アパートなど借家に住んでいる人を例としています)。

家族構成(例) その世帯の総所得金額(収入金額)
父(41歳)
母(37歳)
子(13歳)中学2年生
子(9歳)小学3年生
総所得で310万円以下(給与収入で460万円以下)
母(32歳)
子(6歳)小学1年生
子(4歳)
総所得で250万円以下(給与収入で380万円以下)

援助の内容

学校でかかる下記の費用に対して定額または実費で、年3回に分けて支給します。

  • 学用品費
  • 通学用品費
  • 体育実技用具費(柔道)
  • 校外活動費
  • 給食費
  • 新入学用品費(新入学児童生徒のうち、4月認定者のみ対象)
  • 修学旅行費(中学3年生のみ対象)

※生活保護を受けている人は、上記のうち修学旅行費のみが対象となります

申請方法

申請用紙は、4月初旬に各小中学校でお子さんを通じて配布します。
申請用紙に必要事項を記入し、教育総務課へ直接提出してください。(郵送可)
なお、当該年1月1日以降に野々市市以外に住民登録があった方は、住民登録のあった市町で発行される所得証明書(当該年度)の提出が必要です。

例:平成31年2月1日に野々市市に転入
転出した市町から発行される平成31年度(平成30年中)の所得証明書が必要になります。

申請期間

申請は随時受け付けていますが、年度途中の申請受付は2月末日までです。
なお、年度途中の申請の場合は、審査結果が支給対象となったとき、申請月の翌月分からの支給となります。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?