ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 相続人代表者指定届出書

相続人代表者指定届出書

ページ番号:0015552 印刷用ページを表示する 更新日:2019年9月11日更新 <外部リンク>
 市民税や固定資産税等の市税を課税されている人が亡くなられた場合、地方税法第9条第1項及び第2項の規定に基づき、相続人に納税義務が承継されます。被相続人に関する納税通知書等の書類を相続人にお送りするため、市では「相続人代表者指定届出書」の提出をお願いし、相続人の中から代表者を指定していただいております。
 この届出書は、固定資産税であれば、該当する資産(相続が発生する資産)の相続登記(法務局での名義変更)が完了するまでの間の書類受領代表者を設定するものであり、相続権を決定するものではありません。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)