ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 土地または家屋を売買した場合、固定資産税は誰が支払えばいいのですか?

土地または家屋を売買した場合、固定資産税は誰が支払えばいいのですか?

ページ番号:0002758 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

質問

土地または家屋を売買したのですが、固定資産税は誰が支払う義務があるのですか。

回答

賦課期日である1月1日に所有(原則は登記、未登記は課税台帳の登録)している方がその年度分の税を支払う義務を負います。なお、契約上の所有権の移転の日付は影響しませんのでご注意ください。
なお、売買の場合に月割で税を按分するお話がありますが、これは契約上でのお互いの合意事項であってのことで、法令や規則等による決まりごとではありませんので、売買にあたっては事前によく確認されることをお勧めします。
また、契約書に税の負担についての記載をしてあったとしても、法律上の納税義務者を変更する効力はありません。これは、売買代金に固定資産税負担相当額という金銭面のみが上乗せされたのだという解釈となりますので、万が一、税の滞納が発生しました場合には、従前(1月1日の所有者)の所有者が納税義務者となります。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?