ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民生活課 > マイナンバーカード申請サポート

マイナンバーカード申請サポート

ページ番号:0025683 印刷用ページを表示する 更新日:2022年9月9日更新 <外部リンク>

市民生活課では、マイナンバーカード用の写真の撮影から申請書の受付までを一連に行う申請サポートを実施しています。

※事前予約制となりますので、希望する場合は事前に市民生活課まで予約してください。

※サポートを希望する本人が来てください。また、15歳未満の方および成年被後見人の方には、希望者本人とともに、法定代理人が同行してください。


マイナンバーカード申請受付ブースのお知らせ

令和4年9月1日(木曜日)から9月30日(金曜日)までの間、野々市市役所1階で申請受付ブースを開設しています。事前予約は必要ありませんので、ぜひご利用ください。

詳細につきましては、マイナンバーカード申請受付ブースのページをご覧ください。


サポート日時

平日 午前8時30分から午後5時15分までの間で、予約時に調整します。

※予約状況によっては、希望する時間に添えない場合があります。

※所要時間は一人当たり15分程度です。

 

予約方法

市役所へ来る前に、市民生活課へ電話して予約してください。

市民生活課 076-227-6046 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

 

サポート場所

市役所1階 市民生活課

 

持ち物

サポートを受ける本人が、以下の持ち物を持って予約時間までに来てください。

  • マイナンバー通知カードまたは個人番号通知書(紛失の場合はお申し出ください)
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • マイナンバーカード(従前のマイナンバーカードをお持ちの方のみ)
  • 本人確認書類(下記A欄またはB欄の書類から2点)
    ※B欄の書類から2点の場合は、必ずマイナンバー通知カードが必要となります。

なお、15歳未満の方または成年被後見人の方がサポートを受ける場合は、上記に加えて以下の書類も持ってきてください。また、サポートを受ける本人とともに、法定代理人も来てください。

  • 戸籍謄本、登記事項証明書(発行から3か月以内のものに限る)など代理権を証する書類
    ※本籍地が野々市市の場合や、住民票上の同一世帯の親の場合は、戸籍謄本の提示を省略できます。
  • 法定代理人の本人確認書類2点(下記A欄またはB欄の書類から2点)

※必要書類が揃っていない場合でも申請サポートはできますので、ご相談ください。​

 

本人確認書類の一覧
A

運転免許証写真付き住民基本台帳カードマイナンバーカード旅券、運転経歴証明書(平成24年4月以降発行のものに限る)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳(写真付きのものに限る)、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

B

健康保険証介護保険証年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、医療受給者証、海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特殊電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、Aの書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類、地方公共団体が交付する敬老手帳、預金通帳社員証学生証学校名が記載された書類
※マイナンバー通知カードは本人確認書類には含まれません。

※有効期限のあるものは、有効期限の切れていないものに限ります。

サポート内容

本人確認後に、交付申請書の記入サポートとマイナンバーカード用の写真を撮影します。

マイナンバーカードの作成には、申請から1~2か月ほどかかります。作成されたら、本人限定受取郵便で送付しますので、本人確認書類を準備して受け取ってください。
(受付時に必要書類が不足しているなど、場合によっては市役所での受け取りとなる可能性があります)

なお、受付時にマイナンバー通知カードおよび住民基本台帳カードは回収しますので、マイナンバーカードを受け取るまでの間に必要とされる方は注意してください。

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?