ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 印鑑登録・印鑑証明

印鑑登録・印鑑証明

ページ番号:0014408 印刷用ページを表示する 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

印鑑登録は、不動産の登記や自動車の登録などの際に必要となる大切なもので、市の住民基本台帳に記録されている人が、一人1個に限り登録することができます。ただし、15歳未満の人や、成年被後見人の人は登録できません。

印鑑登録をするには?

登録する本人が手続きをする場合

下記のものが揃っていれば、印鑑登録証と印鑑登録証明書の即日交付が受けられます。

登録時に必要なもの

  • 登録する印鑑
  • 官公署発行の顔写真付き身分証明書
    (例:運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)

登録する本人が顔写真付き身分証明書を持っていない場合

印鑑登録証と印鑑登録証明書の即日交付は受けられません。以下の説明にあるとおり、2回窓口に来ていただく必要があり、交付は2回目のときになります。

1回目の窓口(受付)の際に必要なもの

  • 登録する印鑑
  • 保険証など本人確認ができるもの

※受付後、印鑑登録の申請の事実を確認するため、登録する本人宛てに照会書を郵送します( 照会書の回答期限は、申請日から1カ月以内です)

2回目の窓口(登録)の際に必要なもの

  • 登録する本人直筆の回答書(郵送された照会書に必要事項を記入したもの)
  • 認印
  • 保険証など本人確認ができるもの

代理人が手続きをする場合

この場合も、印鑑登録証と印鑑登録証明書の即日交付は受けられません。顔写真付身分証明書がない場合と同様に、2回窓口に来ていただく必要があり、交付は2回目のときになります。

1回目の窓口(受付)の際に必要なもの

  • 登録する印鑑
  • 代理人の身分を証明できるもの(運転免許証、保険証など)
  • 代理人の認印

※受付後、印鑑登録の申請の事実を確認するため、登録する本人あてに照会書を郵送いたします(照会書の回答期限は、申請日から1カ月以内です)

2回目の窓口(登録)の際に必要なもの

  • 登録する本人自筆の回答書(郵送された照会書に必要事項を記入したもの)
  • 代理人選任届(回答書の下にあります。必ず登録する本人が記入してください)
  • 代理人の身分を証明できるもの(運転免許証、保険証など)
  • 代理人の認印

印鑑登録ができない印鑑

  • 住民基本台帳に記録されている氏名、氏もしくは名、または氏名の一部組み合わせたもので表していないもの
  • 職業、資格、その他の氏名以外の事項を表しているもの
  • ゴム印そのほかの印鑑で変形しやすいもの
  • 印影の大きさが、1辺の長さ25mmの正方形に収まらないものまたは1辺の長さ8mmの正方形に収まるもの
  • 印影を鮮明に表しにくいもの

印鑑登録証明書が必要なとき

印鑑登録をした本人が証明書の発行を申請する場合

申請書を記入のうえ、印鑑登録証を添えて、窓口に提出してください。
(印鑑登録証がない場合は、本人の申請であっても証明書を発行することができませんのでご注意ください)

代理の人が証明書の発行を申請する場合

申請書を記入し、代理の人の認印を押印のうえ、必要な人の印鑑登録証を添えて、窓口に申請してください。なお、申請書には、必要な人の住所、氏名、生年月日の記載が必要です。

手数料

印鑑登録証明書 1通 200円
印鑑登録証再発行 200円

こんなときは

登録した印鑑や印鑑登録証(カード)をなくしたとき

市民課ですみやかに廃止の手続きを行ってください。また、必要があれば再交付申請ができます。(注意:再交付の場合は上記再発行手数料200円が必要です)

野々市市内で引っ越し(転居)をしたとき

市民課で転居の手続きをすれば、印鑑登録の住所も自動的に変わりますので、印鑑登録証(カード)はそのまま使用することができます。

野々市市外へ引っ越し(転出)をしたとき

市民課で転出の手続きをすれば、印鑑登録は自動的に廃止となります。

申請書ダウンロードサービス

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)