ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

トップページ > ののいち子育て日和 > JTBパブリッシング徹底取材!
車でぐるっと野々市探索コース

印刷用ページを表示する 更新日:2019年3月4日更新 ページ番号:0013747 <外部リンク>

人物のイラスト好奇心旺盛な子どものペースに合わせて市内をめぐるなら、車が便利。
公園や歴史的名所など、どんな面白いスポットがあるのか親子でわくわくしながら巡ろう。
ハンドルを握って、出発!

コースチャート

  1.  つばきの郷公園

      ↓車で約10分

  2.  市指定史跡 布市神社

      ↓車で約3分

  3.  のっぽくん

      ↓車で約1分

  4.  御菓子司 いそや菓子舗

      ↓車で約6分

  5.  野々市市情報交流館カメリア

      ↓車で約1分

  6.  フレッシュベイク 野々市店

      ↓車で約9分

  7.  国指定史跡 末松廃寺跡

つばきの郷公園

遊びながら自然に触れられるツバキの楽園

園内のあちこちに、さまざまな種類のツバキが植えられ、見ごろを迎える3~4月には鮮やかに公園を彩る。そんなツバキを象徴する公園の中で、最も存在感を放っているのが、ツバキの種をイメージした市内最大の複合遊具だ。幅の広い滑り台やトンネル型の滑り台、クライムなどが組み合わさっており、子どもたちの好奇心を刺激している。芝生広場では、親子で駆けっこをすると楽しい。疲れたら休憩できる屋根付きの休憩スペースもあり、急な雨や日差しが強い日でも安心だ。

つばきの郷公園の画像

ツバキの種をイメージした遊具は野々市市ならでは

つばきの郷公園の画像

気持ちの良い芝生広場が広がっている

JTBパブリッシング編集者コメント

人物のイラスト大きな芝生広場が2面あり、複合遊具のまわりは小高い丘のようになっているのがポイント。
斜面も活用しながら子どもが元気いっぱいに遊べる公園だ。
子どもに人気の長い滑り台もある。太陽の下でまったりピクニックなんかもおすすめ。

DATA

電話:076-227-6092(野々市市都市計画課街路公園係)

住所:野々市市二日市5-207、334、338

交通:JR野々市駅から徒歩約5分

時間:終日開放

定休:無休

駐車場:63台

トイレ:あり

市指定史跡 布市神社(住吉の宮)

樹齢500年の大イチョウを見上げて

中世の時代に加賀国の守護大名を務めていた富樫氏が造営したとされる神社。時代を超えて野々市市の変遷を見守ってきた由緒あるスポットだ。境内には弁慶が投げ飛ばしたとの伝説が残る大きな石「弁慶の力石」が置かれている。この石は雨乞いに使われたとのいわれもあり、石を見ながら子どもと一緒に力持ちの弁慶に思いを馳せ、あれこれと想像を巡らせるのも楽しい。野々市市指定文化財でもある樹齢500年の大イチョウは見ごたえ十分。親子で見上げてみては。

市指定史跡 布市神社の画像

静かな雰囲気の境内

市指定史跡 布市神社の画像

秋はイチョウの葉が舞い落ちて美しい

JTBパブリッシング編集者コメント

人物のイラスト北国街道沿いにある神社。
近くには喜多家住宅や野々市市郷土資料館などがあり、昔ながらの情緒を感じることができる。
訪れるならやっぱりイチョウが辺り一面に広がり、景観も楽しめる秋がおすすめ。
あまりの趣深さにタイムスリップした気分になれるかも?
歴史散策をしつつ、旅や家庭の安全を祈ろう。

DATA

電話:076-227-6122(野々市市文化課)

住所:野々市市本町2丁目

交通:JR野々市駅から車で約15分

時間:参拝自由

定休:無休

駐車場:なし

のっぽくん

オーガニック野菜たっぷりのランチを親子でシェア

1階では地元の契約農家などから入荷したオーガニック野菜や食材などを販売。2階には子ども連れがゆったりできるカフェがあり、オーガニック野菜たっぷりのランチが人気を集める。中でも、メインのランチプレートに2人分の玄米ご飯とスープなどがセットになった「おやこランチ」は、子どもとシェアできると好評だ。すべての料理に卵、乳製品、肉、魚を使用しておらず、アレルギーが心配な子ども連れも気兼ねなく来店できる。テーブル席には子ども椅子が用意されており、ねんね期の赤ちゃんを寝かせながら食事が楽しめる床がフラットなスペースもある。ランチは予約がおすすめ。

ランチの画像

子ども連れに好評の「おやこランチ」1950円。子ども用の取り皿も用意されている

内観画像

ねんね期の赤ちゃんが一緒でもゆったり食事や会話が楽しめるスペース

野菜販売の画像

契約農家から仕入れた新鮮なオーガニック野菜を販売。加工品や日用品なども

JTBパブリッシング編集者コメント

人物のイラスト食材販売だけでなく、焼き菓子の販売やイベントスペースの貸し出しなどさまざまな展開をしているのが特徴。
食材やお菓子はいずれも身体への影響を考慮したヘルシーなものを取り揃えており、幅広い世代の方に安心して楽しんでもらえる設計になっている。
市民の憩いの場としても利用できそう…近所にこんな施設があれば引っ越してきた方も安心ですね。

DATA

電話:076-246-0210

住所:野々市市本町2-1-1

交通:JR野々市駅から車で約15分

時間:10~19時(ランチは11時30分~14時30分LO)

定休:第3月曜

駐車場:約30台

御菓子司 いそや菓子舗

かわいい銘菓 椿まんじゅうをお土産に購入

野々市市の市花木であるツバキ。その可憐な花をお饅頭に仕立てたのが「椿まんじゅう」だ。白餡を包んだ薄いピンク色の品と黒餡が入った白色の品の2色あり、皮の材料には加賀つくねいもを使用。かわいい見た目と、ふっくらまろやかな味わいが子どもにも食べやすい。お店は、3代続く老舗で、椿まんじゅうを考案した別の和菓子店からその味を受け継ぎ、2006年から販売している。ほかにも生クリームどら焼きやみたらし団子など、種類豊富に取り揃えており、ショーケースに並ぶ和菓子を親子で眺めながらお気に入りの品を選ぶ楽しみもある。

椿まんじゅうの画像

子どもも笑顔になるかわいい「椿まんじゅう」140円

和菓子の写真

種類豊富な和菓子。家族で食べたい

内観画像

老舗の歴史を感じる明るい店内

JTBパブリッシング編集者コメント

人物のイラスト草餅や団子など、さまざまな和菓子が手ごろな値段で売られていてどれも買いたくなってしまうこと間違いなし!家族団らんのお茶菓子としても◎。
縁側でお茶と一緒にまったり…も良いなあ。旅の思い出話に花が咲くかも?
椿がモチーフのお菓子もあり、野々市市にもより深く親しめるお菓子屋さんのハズ。

DATA

電話:076-248-0154

住所:野々市市本町2-15-6

交通:JR野々市駅から車で約15分

時間:7~19時

定休: 日曜

駐車場:3台

野々市市情報交流館カメリア

パソコンでお絵描きやプログラミング体験

市役所に隣接し、高さ約30mのシンボル塔が目印。キッズコーナーにはパソコン12台が設置されており、無料で登録できるカメリアカードを受付でゲットすれば、中学生以下は無料で利用できる。お絵描きや、パラパラ漫画を制作するソフトのほか、子ども向けの学習ソフトやプログラミングソフトなどを多数そろえており、学校の教科書や普段遊んでいるゲームや動画の仕組みを遊びながら学べるのが魅力。親子で楽しくパソコンに触れてみては?工作や星の観望会など、イベントも随時開催している。

パソコンでお絵かきをする子どもの画像

パソコンでお絵描きをして楽しめる

キッズコーナーの画像

ずらりとパソコンが並ぶキッズコーナー

本など備品の画像

子ども向けのパソコン解説絵本や野々市市の歴史を紹介する本もある

JTBパブリッシング編集者コメント

人物のイラスト子どもの知育にうってつけの施設。
私も小さい頃近くにこんな施設があれば…(笑)というのはさておき。
家では勉強してくれない…そんなお子さんも、ここでならきっと夢中になって勉強してくれるはず。
パパママにとってももしかすると新しい学びのある刺激的な時間になるかもしれませんよ。

DATA

電話:076-227-6200

住所:野々市市三納1-1

交通:JR野々市駅から車で約15分

料金:無料(要カメリアカード※保護者が登録)

時間:9~22時(中学生以下は9~19時)

定休:第2・4水曜(祝日の場合は翌日)

駐車場:市役所開庁日(平日)は最大80台、土日祝日は最大200台

フレッシュベイク野々市店

子どもを遊ばせながら焼きたてパンを食べよう

スペインの職人が手掛けた本格的な石窯で焼いたパンなど、約150種類のパンを取り揃える。子どもには、パンダやコアラなどの動物やアニメキャラクターがデコレーションされたパンが大人気。見た目の可愛さはもちろん、生地の中にクリームやチョコが入っていて、美味しく食べられる。店内にはキッズスペースと、その隣に椅子とテーブルを並べたイートインスペースを設けている。飲み物の無料サービスもあり、購入したパンを親子で一緒に食べたり、キッズスペースで子どもを遊ばせながらパパやママがゆったり休憩できる。おやつの時間にほっとひと息つこう!

キッズスペースとイートインスペースの画像

キッズスペースと隣接するイートインスペース

内観画像

焼きたてのパンが次々と並ぶ店内。奥にあるのが石窯

キャラクターパンの画像

子どもに人気のキャラクターパンがいっぱい

JTBパブリッシング編集者コメント

人物のイラスト見た目も楽しいパンを手に、子どもとのまったり休憩タイムを過ごしましょう。
期間限定で夏に販売されると噂の、大きなクワガタのパンは黒々としていてとってもリアル!
本物のクワガタよりも大きいかも…。一見の価値あり。

DATA

電話:076-246-7715

住所:野々市市三納1-9

交通:JR野々市駅から車で約15分

時間:7時~19時30分

定休:月曜・第3火曜

駐車場:37台

国指定史跡 末松廃寺跡

日本初の歴史的大発見で注目のスポット

「天女」が描かれた瓦塔片(がとうへん)が日本で初めて見つかったとして、2018年10月に全国から注目集めた末松廃寺跡。末松廃寺は、1350年ほど前の白鳳時代に建てられた寺とされ、寺の正式な名前は不明。国史跡でもある遺跡を中心にした末松廃寺公園は、子ども連れで散策すると楽しいスポットだ。春は桜、秋は紅葉など、四季を感じながら、親子で太古の遺跡に理解を深めよう。

末松廃寺の遺跡の画像

歴史を感じる末松廃寺の遺跡

末松廃寺の遺跡の画像

散策が気持ち良い園内

末松廃寺後の画像

遺跡を間近で見学できる

JTBパブリッシング編集者コメント

人物のイラスト季節の風景を楽しみながらのんびりと散策を楽しめる。
なんでも7世紀後半に造営された、石川県内では最古の寺院なんだとか。
人も多くはないので、子どもと一緒にゆっくりしたいときは市内の公園よりもこちらの方がオススメ。
家族みんなで散歩しながら、野々市の歴史に理解を深めよう。

DATA

電話:076-227-6122(野々市市文化課)

住所:野々市市末松2-247~252

交通:JR野々市駅から車で約15分

時間:終日開放

駐車場:約20台

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

ののいち市立保育園
  • 休日夜間小児救急医療電話相談
  • 健診イベントカレンダー
  • よくある質問
  • 野々市市教育委員会
  • 学びの杜ののいちカレード<外部リンク>