ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 介護長寿課 > 『ののいち日和』いつまでも普通に楽しい暮らし

『ののいち日和』いつまでも普通に楽しい暮らし

ページ番号:0001063 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

1 野々市市民の人生ガイド『ののいち日和』 いつまでも普通に楽しい暮らし

『ののいち日和』は、市民がつくった「野々市市で健康長寿な生き方を実現するためのガイドブック」です。
紹介している事例の多くは市民が取材に行きました。
取材をする側もされる側も市民です。このまちで「いつまでも普通に暮らしたい」と願っている市民が生んだ知恵やサービスの数々をご紹介しています。

ののいち日和表紙

野々市市民の人生ガイド『ののいち日和』[PDFファイル/4.89MB]

2 地域包括ケアシステムとは

地域包括ケアシステムとは、何歳になっても住み慣れた地域で暮らし続けることができる社会のしくみのことです。
それを実現するために、野々市市では市民、ボランティア、医療や介護の専門職、行政等が一体となって支え合う体制づくりに取組んでいます。

参考:厚生労働省ホームページ「地域包括ケアシステム」<外部リンク>

3 野々市市民の人生ガイド「ののいち日和」作成までの経緯

長寿社会を賢く生きたい野々市市民のための講座として「楽しく、美しい人生をデザインする」をテーマに「全5回の講座」+「社会実験」を開催しました。

参加者は19歳から79歳までの市民など38名および有志の市役所職員13名
大学生、ケアマネジャー、医師、町内会長など多彩な顔ぶれとなりました。

全員が講義を受けてから話合い、その後6つのチームに分かれて野々市市ならではの社会資源を探し、取材に行きました。
また、取材を通じて、これからの野々市市に必要だと感じた「あったらいいな」をたくさん発見し『ののいち日和』の中で実現化を提案しています。

講座チラシ表の画像1講座チラシ裏の画像2

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)